多目的室と吹き抜け: 氏原求建築設計工房が手掛けた和室です。

建築費1400万円で叶える!自然素材を使ったモダンなローコスト住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、建築費わずか1400万円で建てられたローコスト住宅です。開放感のある吹き抜けが特徴的な作りで、杉板やその他自然素材が多く使われ、1000万円台で建てられたとは思えないほど、快適でモダンな木造住宅となっています。この住まいを手掛けたのは、氏原求建築設計工房です。一体どんな工夫が施されてこのようなローコスト住宅が実現したのでしょうか?ポイントを押さえながら、詳しく見ていきましょう!

モダンな外観のローコスト住宅

住まいのロケーションは東京都あきる野市。周囲には古い集落が広がり、民家の区分けがされた住まいの敷地です。そしてこちらは西側の外観です。落ち着いた色味がお洒落な2階建ての木造住宅となっています。北側には隣家があるため、駐車・駐輪スペース・畑・アプローチそしてウッドデッキの位置を、隣家への影響を考え調整した上で計画してあります。1000万円台で実現したとは思えない、シンプルながらもモダンなデザインのローコスト住宅となっています。

ローコストの理由1.シンプルなデザイン

こちらは、東側から見た住まいの外観です。外部は、シンプルかつ機能的なものを目指したそうです。確かに外部は余計な装飾のないデザインですが、木の素材感が特徴的で品を感じるエレガントな佇まいをしていますね。作りがシンプルであれば、問題が出た部分は早い段階で気が付くことが出来て、メンテナンスも簡単。余計なコストがかかることがありません。住まいの外壁の法的に可能な部分には、焼き杉板が使用されているのですが、その焼き杉板は施主さんが焼いたそうです。家作りを自ら楽しみ、自分たちでできる部分は自分たちの手で手掛けるというのも、ローコスト住宅のポイントかもしれません。

ローコストの理由2.メリハリのある予算配分

多目的室と吹き抜け: 氏原求建築設計工房が手掛けた和室です。
氏原求建築設計工房

多目的室と吹き抜け

氏原求建築設計工房

こちらは、室内2階の多目的室と吹抜けの様子です。住まいは、木材がたくさん使われた2階建てで、室内はこのように木の優しい雰囲気に包まれています。ローコストで住まいを作るにあたって、バランスの良い予算配分が心がけられたそう。お金をかけたのは基礎、躯体等の住まいの構造的な部分、そして断熱、遮熱に関しても十分な予算を配分しました。逆に、仕上げや飾り等にはほとんど予算をかけてはいないそうです。そして、毎日の生活の中で必要不可欠な所や水廻りにもきちんと予算を使っています。お金をかける所にはかける、抑える所には抑える、とメリハリのある予算計画がローコスト住宅のポイントとなるようです。

ローコストの理由3.素材の使い方の工夫

こちらは、2階の吹き抜けの様子です。天井や床には杉板を使い、壁はボードのまま使用しています。予算の節約のために必要以上の加工を避けたというよりは、自然素材の良さをそのまま生かしたというポジティブな印象を受けます。また、たくさんの自然素材を使うことで、住まい手の健やかな生活と快適な住まいの実現にもつながるということが分かりますね。木の温もりに包まれた気持ちのいい室内となっています。

ローコストの理由4.間取りの工夫

室内は大きなワンルームのように、住まい内部が一つにつながった作りとなっています。そして、こちらはリビングと階段の様子です。住まいは、まずリビングを広く取り、天井は吹き抜けとしています。このように階段もリビングの一部として取り込んでいます。それに続いてダイニングを配置。そして、奥に見えるのがキッチンとなっており、各部屋を見渡すことが出来るように設られています。1階と2階、一部屋一部屋を区切るのではなく、全ての部屋がつながりを持つことで、住まい全体で安定した採光や通気を得ることが可能となります。また、家族がどこの部屋にいても気配を感じやすいレイアウトなので、防犯としても安心できる間取りです。

ローコストの理由5.自然の力を最大に利用

リビングと土間玄関: 氏原求建築設計工房が手掛けたリビングです。
氏原求建築設計工房

リビングと土間玄関

氏原求建築設計工房

こちらは、玄関を兼ねた土間とリビングの様子です。吹き抜けと共にこの住まいで重要になっているのがこの玄関土間の存在。日照時間の少ない冬の間は、南側の大開口から最大限に光を取り込み室内に明るさを届け、夏は風の通りを良くし室内の空気の流れをスムーズにすることで快適に保ちます。冬の日当たり、夏の通風等の自然力を最大限に利用した環境にも優しいローコスト住宅となっているのです。

【ローコスト住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

 1500万円でも家は建てられる!ローコストの家5軒!

※ 2000万以下で建てられた家5軒!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

建築費1400万円で叶えたモダンなローコスト住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!