外観: HAN環境・建築設計事務所が手掛けた家です。

暑さ対策と住まいの関係

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

暑さ対策は万全ですか?全国各地で35度を超える猛暑日が続く夏は、少しでも暑さを和らげる工夫が必要です。エアコンに頼り切らず自然に始められる熱気・湿度改善のアイデアを暮らしに取り入れてみましょう。今回は、暑さを防ぐ工夫や外からの熱気を遮断する対策をご紹介していきます。 

​暑さ対策は直射日光を防ぐことから

暑さ対策は、まず窓からの直射日光を防ぐことから始めましょう。照りつける太陽によって室内気温が急上昇させます。熱気がこもる大きな要因は、窓から入る日射熱と言われています。例えば、カーテンやすだれの取り付け、屋根の庇などで外側からの日射しをカットする工夫をしてみましょう。ほんの少しの工夫で、室内温度の上昇を防ぐことができます。

​暑さ対策と通風

夏暑さ対策と通風の良さは大いに関係しています。ついエアコンをつけて室内を閉め切ってしまいがちですが、時々窓を開けて空気を循環させることで室内温度が快適に変わります。こちらは、HAN環境・建築設計事務所が手がける住まいのリビングルーム。2階に日除けを兼ねた回廊を設置、また効率よく夏の熱気を排出する高窓が設けられています。温かい空気はより上にのぼるため、天窓や吹き抜けの2階部分など高い位置に窓をつくると、熱気や日射熱を部屋から効率良く追い出すことができます。

クレジット: 撮影:吉田誠

▶「住まいの写真」ページでは様々なリビングを紹介しています。◀

※ リビングの写真ページ

パッシブデザインで優しい暮らし

自然のエネルギーを最大限に活かすパッシブデザインの住まいには、自然の暑さ対策の知恵が込められています。四季を通じて気持ちの良い風や太陽の光を取り入れた快適な室内環境は、不自然な温度変化を避け、体に優しい暮らしを実現することができます。自然エネルギーを利用した暮らしは、環境にも家族にも優しい快適な住まいをつくってくれます。

【自然の力を利用した家については、こちらの記事でも紹介しています】

※ ソーラーハウスで自然に寄り添った暮らしを。その仕組みと特徴まとめ

高気密・高断熱で効率よく

高気密高断熱の大屋根の家: STUDIO POHが手掛けた家です。
STUDIO POH

高気密高断熱の大屋根の家

STUDIO POH

暑くてたまらない室内を根本的に改善するなら、家全体の断熱性を高めることをおススメします。こちらはSTUDIO POHが手がける高気密高断熱の大屋根の家。面積の大きい屋根や外壁の部分に断熱材を使うことで、日射熱の侵入やエアコンで冷えた室内温度が外に逃げるのを防ぐことができます。高気密・高断熱は、冷房の効きも良くなり電気代の節約にも役立ちます。

屋根の緑化で

深い軒のあるテラス|BEAT HOUSE: KAZ建築研究室が手掛けたテラス・ベランダです。
KAZ建築研究室

深い軒のあるテラス|BEAT HOUSE

KAZ建築研究室

屋根の緑化は、暑さ対策にも最適です。緑化によって輻射熱が室内に伝わり建物の上部に熱がこもることを防いでくれます。また、屋上や屋根を活用して植物を生育しすることで快適な室内温度を保つだけでなく、街のヒートアイランド現象を防ぎ、都市全体の環境改善にも繋がります。屋根の緑化同様に、建物の外壁を緑化することも効果的です。

クレジット: KAZ

漆喰壁の効果

漆喰の壁は、日本の自然環境に最適です。漆喰の壁は、優れた吸放湿性能があります。日本の季節変化に対応し、優れた吸放湿性能を発揮してくれるので、常に環境に合わせた爽やかな室内環境を保ってくれます。特に、熱気がこもり易いキッチンなどにしっくい壁があると、気になる湿度や臭いを一緒に解消してくれます。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

小さな工夫で住まいが快適に。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!