GULIGULIの庭: 株式会社 荒木造園設計が手掛けたアプローチです。

美しいアプローチ五選

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

アプローチとは敷地の入口から玄関へ到達するまでの間のスペースのこと。ここをいかに美しく見せるかで、家全体の印象が左右されると言っても過言ではありません。本日は様々なスタイルの魅力的なアプローチを紹介します。

濡れたようなブラック

まるで濡れているかのように磨きあげられた黒い敷石が印象的なアプローチです。この艶やかなブラックが現代的に洗練された和スタイルにゴージャスでグラマーな印象を加えて、和風住宅に新たな側面を与えています。

あまり植物を植え込みせずシンプルに仕上げた、というのはこちらのアプローチ及び庭を担当したランドスケープアーキテクトの弁。シンプルかつグラマー、最高に魅力的ですよね!

モダンかつナチュラル

アプローチは敷石の配置方法によって雰囲気が変わります。きっちり敷き詰めてフラットな通路を作るとシャープでモダンな雰囲気に。こちらのように敷石のあいだに隙間を取り植生を植え込むと、ナチュラルでカジュアルな雰囲気を演出できます。

天然石を敷石に使用する場合、希少な石材は高価であるため、隙間を空けて配置することはコストダウンにもつながります。アプローチを造ろうと考えている方は、デザイン面とコストのバランスを見極めてくれる造園会社やランドスケープアーキテクトを見つけることがまず大切です。

わくわくする長いアプローチ

旗竿敷地などで玄関までの道のりがかなり長いという場合、必然的にアプローチも長くなります。長いアプローチでは間延びしたりぼんやりしたつまらない印象になりがちなので注意が必要です。

そんな時おすすめのデザインがこちら。通路の中央にウッドデッキやタイルを敷き、隣家や道路に面した側は縦格子や圧迫感のないフェンスを配置してプライベート感を強調、もう片方は様々な植物を植え込むと、自然たっぷりの豊かな印象と、この先に何があるのかな?とわくわくさせる雰囲気を作成できます!花をつけるタイプの植物なら季節ごとの変化も楽しめます。

天然石の存在感

落ち着きと大胆さの両方を感じさせるアプローチは名古屋市の建築家 Architect6建築設計事務所によるデザインです。大きな二段のステップは大判の石材。ランダムな白いラインがダイナミックな動きを与えています。周囲は同系色の石材で囲み、植生を植え込んで。天然石ならでは存在感や質感を味わうことできるデザインは和風住宅だけでなく、モダンスタイル住宅にもよく似合います。

カラフルでハッピーな雰囲気

Grecorが手掛けたアプローチ
Grecor

Step onto Micro-Forest in the yard

Grecor

カラフルなタイルや陶器が明るくポジティブな雰囲気を演出しているアプローチです。大小様々なサイズの石を使ったアプローチ及び庭は植物が少なくても寂しい雰囲気にならないので、植物を育てるのが不得意な方やメンテナンスに時間が取れない方におすすめです。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のアプローチを紹介しています。◀

※ アプローチの写真ページ

【アプローチについては、こちらの記事でも紹介しています】

アプローチが演出する暮らし。素敵な実例をご紹介!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

どのアプローチが印象に残りましたか?ぜひあなたの感想を教えてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!