緑あふれるアトリエのある家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたダイニングです。

素敵な飾り棚のある空間best5 – 暮らしの中に奥行きを生み出すスペース!

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

暮らしの中の「余白」は豊かさや充実感を生み出します。家を計画する際、収納や必要なスペースなど、レイアウトを考える面はたくさんありますが、その中に好きなものをディスプレイしたり、コレクションを置くような「余白の空間」があるとなお、暮らしに奥行きが広がるのではないでしょうか。空間を限りなく実用的にする他にも、ちょっとしたスペースで彩りを生むコーナーは魅力的ですよね。今回ご紹介するのは、素敵な飾り棚のある空間best5です。空間をより楽しく、ホッとする雰囲気を作り出す飾り棚のある家を見てみましょう!

曲線とライティングが生きるモダンな家

SEN'S PHOTOGRAPHYたてもの写真工房すえひろが写真撮影を手がけ、株式会社意匠堂によってデザインされたこちらの住まい。白い外壁にレッドシダーの直線的でシャープな色が生えるファサードが魅力です。直線や斜めのスタイリッシュな雰囲気に、室内は目を引く曲線のディテールを取り入れることで空間に柔らかなアクセントを加えました。ブラック、ダークブラウンのウッド、白とシックな色合いでまとめられ、夜は間接照明がまるでラウンジのようなムードを作り上げます。玄関に近いちょっとした空間に設けられた飾り棚は、真ん中を支柱が貫く互い違いのデザインが印象的です。どこか和を思わせるモダンな大人のインテリアに仕上がっています。本住宅については「KSH」で他の写真をご覧いただけます。

明石海峡を臨むマンションのリノベーション

​玄関からLDKをのぞむ: 株式会社seki.designが手掛けた廊下 & 玄関です。
株式会社seki.design

​玄関からLDKをのぞむ

株式会社seki.design

株式会社SEKI.DESIGNの手がけたこちらの家は、明石海峡大橋を臨む抜群のロケーションにあるマンションです。最上階にある一室をリフォームして誕生しました。温かな木の雰囲気をベースに、グレイッシュな落ち着いたカラーリングが魅力。キッチンと連続する壁面に、家型の個性的でおしゃれな造作棚がシンボルとなっています。玄関とLDKを結ぶ場所に設けられた飾り棚は、半円筒の中ディスプレイできるコーナーを設けています。グレーカラーの塗り壁は味わいを見せ、ライトアップすることでぐんとムードを高めるスペースとなりました。まるで店舗のような印象的な空間は、暮らしに特別感を与えてくれるでしょう。本住宅については「まるで一軒家みたいな充実のペントハウス」で詳細をご紹介しています。

陶芸アトリエのある併用住宅

緑あふれるアトリエのある家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたダイニングです。
設計事務所アーキプレイス

緑あふれるアトリエのある家

設計事務所アーキプレイス

設計事務所アーキプレイスの手がけたこちらの家は、デザインの仕事をしている住まい手ご夫婦のための住まいです。都内ではありながら、緑が豊かな景色が隣地にある恵まれた環境にあります。住宅と陶芸アトリエ、ガーデニングを楽しめる併用住宅がデザインされました。イギリスの陶芸家のアトリエを思わせるモダンさのあるインテリアは、タイルやガラス、造作家具の直線的なラインがシャープな雰囲気を生み出しています。作品を飾る棚はガラスで造作され、ガラスはLDKとのパーテーションも兼ねています。作品の背後が透けることで存在感が際立ち、美しくディスプレイができるようにデザインされました。本住宅については「homify 360°: クリエイティビティが豊かな時を生む。「アトリエのある住宅」」で詳細をご紹介しています。

陶芸家と料理家のギャラリーを持つ家

陶芸家と料理家のいえ(gallery SARAYAMA): 一級建築士事務所たかせaoが手掛けた窓です。
一級建築士事務所たかせao

陶芸家と料理家のいえ(gallery SARAYAMA)

一級建築士事務所たかせao

一級建築士事務所たかせAOの手がけたこちらの家は、陶芸家と料理家のご家族のためのギャラリー併用住宅です。古い建物をリノベーションしたエリアと、新築のプライベートエリアが一緒になりました。キッチンとリビングは間仕切りを解放し、イベント会場としても利用できます。ギャラリー部分はモルタル床のシックでモダンな雰囲気。エントランスとの間には印象的な木製のガラス窓が設けられ、光によって幻想的なムードを作り上げます。そんな窓の高さに合わせるように設けられた棚は、エントランスからも作品をみられるようにデザインされました。シャープな細いラインの脚が支え、主役の作品を印象的に干渉できる素敵な空間に仕上がっています。本住宅については「陶芸家と料理家のいえ」で詳細をご紹介しています。

リノベーションで豊かに見せる木造住宅

飾り棚(既存の構造材の見せ方): 藤井伸介建築設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
藤井伸介建築設計室

飾り棚(既存の構造材の見せ方)

藤井伸介建築設計室

藤井伸介建築設計室の手がけたこちらの家は、木造住宅をリフォームと増築をして生まれた住まいです。思い出の詰まった家を全面リフォームをするとともに、ウッドデッキの一角には薪ストーブを備えた小さな離れがあります。元の躯体を生かしながらリフォームができる木造の家は、本来隠れてしまうはずの柱や梁をあらわし、空間を広く見せることも可能。二階の居室は梁を見せ、天井がぐんと高くなりました。リビングとキッチンの間にある二本の柱は、筋交いの入った耐力壁。撤去することのできないこの柱を生かし、飾り棚とすることで味わいのある空間を作り出しています。ムラのある色合いが深みを出し、リフォームならではの趣あるインテリアを演出しています。本住宅については「離れのある家ーリフォームと増築ー」で他の写真をご覧いただけます。

好きなものをインテリアにディスプレイできる飾り棚に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!