家族がつながる中二階のある住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回は、「家族がいつも繋がりながら楽しく住む」、そんなクライアントの願いを形にした住まいをご紹介します。富谷洋介建築設計によって手掛けられたこちらには1.5階ともいえるフロアがもうけられ、空間をゆるやかにつなぎ、家族がお互いの気配を感じあえるよう計画されています。コストを抑えながらもクライアント希望の空間を実現した住まい、早速見て行くことにしましょう。

​シンプルモダンな外観

当初建売物件や中古住宅のリフォームを視野に入れて家探しをしていたというクライアント。なかなか希望に合う物件に巡り合えなかったところ偶然理想的な土地を見つけ、本格的に家づくりを依頼することになったそうです。こうしてコストを抑えつつも世界でたった一つ、自分たちだけの住まいが実現しました。敷地は札幌市の住宅街、平坦ながら南西側は手稲山へと視線が抜ける立地です。北側の道路に面して駐車場が、南側には庭が配され、建物は東西に長い直方体となっています。外形をシンプルにするのはコストを抑える基本。この住まいでもシンプルなフォルムが採用され、モダンな印象の佇まいとなっています。南に面した大きな出窓のようなバルコニーがシンプルな外観にアクセントを添えています。白い雪に黒いガルバリウム鋼板の外壁が映えますね。

​家族をつなぐ小さなボックス

シンプルな総二階の家に挿入された0.5階分の高さのボックス。これがこの住まいの空間構成を魅力的にしています。この小さなボックスの上は階段の踊り場を広くしたようなスペースで、子供たちの勉強スペースとなっています。このスペースがLDKのある1階と家族のライブラリースペースと個室群のある2階をゆるやかにつなぎ、それぞれの場所でそれぞれに活動する家族をつなぎます。

​1.5階からの眺め

その1.5階から1階のキッチンを望んだ様子です。料理中やリビングで時間を過ごす際も、勉強スペースにいる子供たちと視線がつながり、コミュニケーションをとることができます。

​収納も充実

勉強スペースにはたっぷり収納できる造作本棚がもうけられ、整理整頓も容易です。

​ボックス内は防音の趣味室

ボックスの「中」、少し天井の低い小部屋は防音室となっており、音楽が趣味というご主人の趣味室となっています。

落ち着いた雰囲気のくつろぎスペースLDK

吹き抜けのあるLDKは南側は庭に面し明るく開放感ある空間となっています。一部を小上がりとし、その下には床下収納が配されています。落ち着いた色合いのフローリングでシックな印象の内装です。

​手すり下のスペースも有効活用

2階のオープンスペースはご主人の書斎を兼ねた家族ライブラリーとなっています。吹き抜けに面した腰壁も収納として有効活用されています。

​どこにいてもつながる空間

子供室、主寝室にも開閉式の小窓が設けられ、吹き抜け越しに空間がつながります。家のあらゆる場所で空間のつながり、そして家族の一体感を感じることができるよう工夫されています。また、LDK、ライブラリーと言った家族の共用部分を充実させ各個室は最低限の大きさにすることで、家族が自然と共用部に集まるよう意図されているそうです。

家族がつながる中二階のある住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!