洋服好きの方におすすめの家づくりのポイント | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:2982:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

洋服好きの方におすすめの家づくりのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
カントリーデザインの ドレッシングルーム の 大晴設計有限公司 カントリー
Loading admin actions …

洋服好きの方にとっては、リビングやキッチンといった住空間の家づくりも大事ですが、衣類を収めたり、衣服を選ぶクローゼットなどを中心とした部分も重要になると思います。そこで今回は、洋服好きの方におすすめの家づくりのポイントを紹介していきたいと思います。毎日の服選びがしやすく、楽しくなるような住まいにしていきましょう!

洋服を余裕を持って収納できるクローゼット

洋服好きの方にとって、まずはたくさんある服、さらにはアクセサリーなどを余裕を持って収納できるクローゼットを確保することが家づくりの基本となると思います。もちろん、クローゼットをコンパクトにして、そこに衣服を押し込んで収めて、その分住空間のスペースを大きくとることもできます。しかし、それではクローゼットの中の洋服が見えづらく、また取り出しにくいことから、毎日の服選びもストレスになってしまうでしょう。

1つの部屋を洋服のために

数え切れないほど洋服を持っている方におすすめなのが、衣服類のためだけの収納場所として1つの部屋を設けることです。それによって、大きな収納スペースを服のために確保できることはもちろんのこと、帽子や靴も置いておけば、その部屋だけで頭から足まで全身をコーディネートすることも可能となります。また、洗濯機のある場所と洗濯物を干す場所の近くにこの部屋を配置すれば、洗濯から乾いた洗濯物を片付けるまでの流れも楽でスムーズになります。

収納の仕方もおしゃれにこだわる

クローゼットに出来るだけ多くの服が収められるような収納の仕方では、服選びも機械的で1つの作業のようになりがちです。楽しく服選びをしていくには、クローゼットの雰囲気づくりも大切になります。そこでおすすめなのが、収納の仕方もおしゃれにこだわっていくことです。クローゼットのデザインや服の見せ方も余裕を持っておしゃれにしていくと、毎日の服選びも自然と楽しくなると思います。

服選びの最中に座れる場所を確保

もしスペースに余裕があれば、服選びの最中に座れる場所を確保することもしてみて下さい。それによって、服選びをしながら一息つくこともできますし、そこでおしゃれなクローゼットを眺めることもできます。また、椅子のデザインにもこだわっていけば、クローゼットのある空間をよりおしゃれに引き立ててくれるアイテムにもなってくれます。それについては、「おすすめの椅子セレクション!オシャレで快適な暮らしを演出!」も是非参考にしてみて下さい。

服選びに適した照明の色

洋服好きの方にとっては、衣類の色も大切になると思いますが、そうした色の見え方は照明の光の色によっても変わります。そうしたことから、服選びに適した光の色の照明を設置することも重要なポイントとなります。その色は「昼白色」というもので、太陽光の光の色に近いことから、照明の色の中でも慣れている光となり、またニュートラルな白い光であるので、物の色をそのままうつし出してくれます。

玄関照明も考慮

生駒の家-float terrace- モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 の 祐建築設計事務所 モダン
祐建築設計事務所

生駒の家-float terrace-

祐建築設計事務所

玄関に鏡を置いて、そこでもう一度身だしなみも整える方も多いと思います。そうしたことから、玄関照明についても先程の昼白色の照明にしていくことをおすすめします。化粧や服装を鏡を見て整えるにはおよそ500lxという比較的明るい照度が必要となりますが、玄関を柔らかい照明でやさしい雰囲気に演出したい場合にはその照度では明る過ぎます。そのため、玄関全体と鏡の前を照らす照明を分けて、玄関全体としては少し照度を落とした照明で、鏡の前は明るく照らす照明にするといった設置の仕方を取り入れてみるといいでしょう。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀  

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

服選びが楽しめる住まいにしていきましょう!コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!