CONSENTABLE /MT: CONSENTABLEが手掛けたです。

コンセント配置のチェックポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

コンセントの場所であったり、口数が足りず、困ってしまうことは起こりがちなことです。もちろん、延長コードなどで対応することはできますが、タコ足配線になったり、コードがあちこちに出てきたりとインテリアとしてあまりきれいなものとはなりません。そうならないためにも、家づくりの段階であらかじめ計画的に準備しておく必要があります。そこで今回は、コンセント配置のチェックポイントを紹介していきたいと思います。

コンセント配置はまず家具配置から

コンセントの位置を決めていく前にまず行っていくことは家具の配置です。ソファやベッド、テーブルなどを図面上に配置していき、そこでどのような生活、そして家電製品を使っていくのかを考えていきましょう。例えば、寝室であればベッドを配置して、その頭側にコンセントがあると読書灯などにとって便利ですし、テレビ台の近くであれば、利用する家電の数だけ口数を設けることになるでしょう。こうしたことによって、コンセントが家具で隠れてしまうことも防ぐことができます。また、その際は扇風機や加湿器といった季節家電の配置も忘れずに考慮しておきましょう。

インターネットやテレビに必要な配線

CONSENTABLE /MT: CONSENTABLEが手掛けたダイニングルームです。
CONSENTABLE

CONSENTABLE /MT

CONSENTABLE

家電の中でもインターネットやテレビは電源のコンセントだけでは使えないこともできてきます。インターネットに関しては、無線で済ませることもできますし、LAN配線をそれぞれの部屋に設けたいという方もいらっしゃるかもしれませんので、それぞれの家庭での使い方に従ってコンセントの配置や個数も決めていきましょう。また、テレビに関しても、アンテナあるいは光テレビかで配線も変わってきます。こちらのように、

掃除機の使いやすさで再確認

家具に従ってコンセントの配置を決めたら、次は家の中にコンセントがある程度均等に配置されているかの確認をしていきましょう。これによって、コンセントがある場所に集中してしまうことを防ぎ、ある程度は家のどこでも家電を延長コードなしで使える適当な配置となります。そこで便利なのが、掃除機の使いやすさで確認していくことです。コード式の掃除機を使うことを想定しながら、家の中を掃除していくと、コンセントが足りない部分が見えやすくなりますので是非試してみて下さい。

コンセントの高さ

RI-NOVO が手掛けたキッチン
RI-NOVO

Villa Rustica

RI-NOVO

コンセントの配置を考える時は、基本的に平面図になると思いますが、そこで忘れがちとなるのが高さです。基本的にコンセントの高さは床からだいたい25cmですが、場合によっては高さを変える必要のある家電もありますので、そうした点もチェックしておきましょう。具体的には、冷蔵庫はトラッキング現象を防ぐために通常よりも高い位置に、洗濯機も漏電を防ぐために同様に高い位置に配置しておくといいでしょう。また、エアコンのコンセントについてもエアコン近くの高さにあるといいですし、さらにはコンセントが目立たないような配置ができるとよりいいでしょう。

口数もチェック

RIVA海老園 TYPE-A: SWITCH&Co.が手掛けたダイニングです。
SWITCH&Co.

RIVA海老園 TYPE-A

SWITCH&Co.

配置にばかりに気を取られていて、結局口数が足りずにタコ足配線になってしまったという住まいも多いようです。特に、家電製品の多いキッチンやテレビの周辺は、1つ1つ何が必要になるかを丁寧に考えながら、口数を増やしていきましょう。こうした場所は、家族構成やライフスタイルなどによって使う家電やその数も大きく変わってくるので、建築家としっかりと話し合いながら決めていくといいでしょう。

屋外コンセントも忘れずに

忘れてはいけないのが家の外のコンセントです。特に、庭や駐車スペースをはじめとして、屋外スペースが充実している住まいでは、その分屋外でのアクティビティも多様となり、コンセントが必要となる場面が増えてきます。また、その反対に、コンセントがあるおかげで、照明での庭のライトアップなどによって外での活動の幅が広がることにもつながります。

【電力などを取り扱った記事はこちらでも紹介しています】

 電力見える化について知っておきたい基礎知識

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

後で後悔しないように、しっかりと準備していきましょう!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!