練馬の杜~抜~: 株式会社ハウジングアーキテクト建築設計事務所が手掛けたです。

東京でモダンな家を手がける建築家が建てたスタイリッシュな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

核家族化が進み、子どもも個室に閉じこもりがちな現代の世の中で求められるのが、家族がお互いの気配を感じたり見渡せる大らかな住空間ではないでしょうか。ご紹介するのはハウジングアーキテクト建築設計事務所が手がけたスタイリッシュなデザインと広がりを感じさせる内部空間が魅力的な都市型住宅。さっそく見てみましょう。

モノトーンの壁と木目が作り出すスタイリッシュな外観

都内の典型的な住宅地にある敷地の周囲には戸建ての住宅が建ち並び、2方向に細い道路がある環境にあります。モノトーンのシャープな印象の外壁に温かみのある木の素材を組み合わせたスタイリッシュなデザインが周囲と一線を画しています。プライバシーを考慮しつつ様々な開口によって街並み向けている表情豊かな外観が印象的ですよね。

大きな開口のある明るい階段ホール

内部は木目と白を基調にしたナチュラルで温かみのある空間が広がります。こちらは階段ホール。2つの縦長の磨りガラスの開口からは柔らかな光が注ぎ込み、暗くなりがちな階段を明るく演出。また蹴込み板のないオープンなデザインを採用することでより開放感を作り出しています。

段差や高低差が生み出すメリハリのある空間

家族がみんなで過ごすメインの生活空間は明るい2階に配置。床の段差や天井に高低差をつけることで、ワンルームタイプのLDKでも領域が生まれ、単調になりがちな空間にメリハリをもたらしています。吹抜けとロフトスペースのある大らかな雰囲気も魅力的です。「狭小地に建つ距離感のある家」も木の素材が優しい雰囲気を醸し出す住まいで、機能的なロフト空間を設置。是非ご覧ください。

造作の収納はすっきりとした空間づくりにぴったり

壁のニッチを利用した収納棚をたっぷり設け、すっきりとした印象のリビングを作り出しています。街並みを切取るピクチャーウインドウが空間のアクセントに。開口の位置や大きさに配慮しながら都市型住宅でもたっぷりの採光を確保しています。

対話が生まれるセミオープンキッチン

セミオープンタイプのキッチンです。一直線に配置されたコンロとシンクがとっても使いやすそうですよね。お料理しながら家族の様子が伺え、コミュニケーションのはずむオープンなプラン、是非取り入れてみてはいかがでしょう。木の素材と白を中心にコーディネートした内部空間は、どんなテイストのインテリアでも馴染みそうです。

立体的な広がりが感じられる豊かな住空間

キッチン奥のハシゴを介してロフトスペースにアクセス可能。傾斜天井が籠もり感を醸し出すロフト空間は様々な用途に使えそうですよね。お子さんのいる家庭であれば、子どもたちの絶好の遊び場に。奥の手摺部分はリビングの吹抜けに繋がります。家族が上下それぞれの階にいてもお互いの気配を感じられる大らかなプランが魅力的な住まいです。

株式会社ハウジングアーキテクト建築設計事務所

〒204-0022 東京都清瀬市松山1丁目15−3  新栄ビル2F 

(TEL):042-497-8453

http://house-archi.biz/

info@house-archi.biz

広がりを感じさせる吹抜けやロフトが魅力的な住まい、いかがでしたか?是非皆さんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!