NIIHAMA House: 澤村昌彦建築設計事務所が手掛けた家です。

解放感が嬉しい、素敵なテラスのある家5軒!

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

テラスとは家から張り出した形となる建築空間。それは気軽に屋外へ出られる場所となるため、住まいを閉塞的な空間から、開放的なものへと変えます。そして生まれるのは心地良い住空間。家の中に籠りがちな現代生活で、そんなテラスは大きな可能性を持っていると言えるでしょう。そこで紹介したいのは、印象的な、そして個性的なテラスを持つ5軒の家。どのテラスも家にアクセントを加えて素敵な生活を可能にしてくれます。

リビングと一体化する開放的なテラス

NIIHAMA House: 澤村昌彦建築設計事務所が手掛けた家です。
澤村昌彦建築設計事務所

NIIHAMA House

澤村昌彦建築設計事務所

最初に紹介したいのは澤村昌彦建築設計事務所が手がけた家。こちらの家では、まず大屋根が目につくでしょう。本住宅は2階建てですが、2階部分を覆う屋根のため、1階建てのように見える個性的な外観です。そんな大屋根の下で目を引き付けるのは、木の茶色が印象的なウッドテラス。それは収納可能な引き戸を境にして、リビングと隣り合っています。そんな引き戸を収納してしまえば、その間を区切るものはありません。こうして、テラスはリビングと一体化して、圧倒的な解放感を生み出すことになるのです。

雨に濡れない全天候型テラス

ウッドデッキ: 株式会社kotoriが手掛けたベランダです。
株式会社kotori

ウッドデッキ

株式会社kotori

株式会社KOTORIが手がけたのは、大屋根の下にすっぽりと収まるテラス空間のある家。テラスがあれば、そこは家の中のスペースの延長として使うことができますが、天候を気にしなくてはいけません。雨が降ってしまっては使えなくなってしまうからです。ですが、本住宅では大きな屋根が雨から守ってくれます。そのためここではハンモックが吊り下げられ、外の風を感じながら、昼寝を楽しむことができる様になっているのです。こんなテラスなら利用する機会が多くなるに違いありません。

プライバシーを気にせず使えるテラス

中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けたベランダです。
shu建築設計事務所

中庭を持つ高台のいえ

shu建築設計事務所

SHU建築設計事務所は中庭部分にテラスを設けた家を建てました。こちらでテラスが作られたのは中庭部分。そこは家の床と同じ高さとなっているため気軽に出入りができます。普通であれば外からの視線を気にして、窓を全開にすることを躊躇するでしょう。ですが、ここでは窓を開放してテラスを楽しむことができます。なぜなら中庭は四方を家と外壁に囲まれており、外からの視線を跳ね返すことができるのです。こんな家ならテラスのある暮らしを満喫できるに違いありません。

屋内と屋外を結びつけるテラス

東側ファサード: 建築工房 亥が手掛けた家です。
建築工房 亥

東側ファサード

建築工房 亥

家は様々な場所に建てられます。建築工房亥が家を建てたのは素晴らしい眺望が楽しめる場所に建てられています。そのため景色を楽しめる家が考えられました。家は丘側に向かって大きな開口部が作られており、家の中にいながら眺望を楽しめるようになっています。そんな住まいにアクセントを与えるのはテラス空間。それは屋外空間の庭と屋内のリビングに緩やかな繋がりを生み出します。そのため風景を家の中に取り込むだけでなく、実際に屋外との繋がりが生まれるため、家の中にいるとは思えない広がりを楽しむことができるのです。

アウトドアリビングの役割を果たすテラス

最後に紹介したいのは海外の住宅。ARCHIPUNKTURA .ARCHITEKCI DETALUが手がけたこちらの住宅は、張り出した2階の下にテラスが作られています。そんなテラスは屋内部分と同じ高さですが、それだけでなく庭とも同じ高さになっています。そのため屋内も屋外も同じレベルとなり、その境界はとても曖昧なものとなるのです。このような解放感あふれるテラスには置かれているのは机や椅子。そのためテラスはアウトドアリビングの役割を果たし、心地良い暮らしを可能にしてくれるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!