見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

狭小スペースでももっと収納できる方法まとめ

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

小さな家で常に問題となるのが収納スペース不足です。でも、どんな狭小スペースでもアイデア次第で収納力を生むことは可能です!小さな家や狭小スペースできっと役立つ収納アイデア6つを紹介します。

1、スペースを作る

狭小スペースでもまだ新たにスペースを作り出すことは可能です。例えばこちらは階段下の空間を本棚へと改造し、省スペースながら大容量の収納を手に入れました。新たに本棚を置くとスペースを圧迫し、場所によっては動線をふさぐこともありますが、こちらは階段と一体化しているので見た目もすっきり、圧迫感もありません。

2、ディスプレイ

クローゼットもキャビネットもいっぱいでこれ以上物を収納できない… 。そんな時は逆転の発想で、”いかにその物を見せるか”を考えましょう。書籍やレコード類の場合は高さや色ごとに揃えて置くだけで、お店のように整理整頓されたきちんとした印象になりますし、クローゼットに仕舞えない衣類はお気に入りをチョイスしてハンガーにコーディネート、それを壁や洋服掛けにかけておくとおしゃれなショップのような部屋になりますよ。物は何であれ、コレクションのようにきちんと並べて部屋にディスプレイすれば、見せる収納以上の魅力的なスペースを作ることができます!

3、実はまだある収納スペース

Ennerevが手掛けた寝室
Ennerev

Malibù

Ennerev

もう収納に使うことができるスペースは1ミリも無い… 。そんな風に思っていても実はまだ家には見逃しているスペースがあるものです。例えばベッドの下はいかがでしょうか。DIYで簡単にできる収納アイデアはベッドの脚の下にブロックや木材などを積んで位置を高くすること。下部に収納ボックスを入れられるスペースが出現します。大きめのベッドカバーで覆えば隠すことができます。

4、ジャンルで分類する

homifyが手掛けた家庭用品

収納スペースを探す前に、まず持っている物をジャンルごとに整頓してみましょう。すると同じ用途のアイテムが複数見つかったり、奥に埋もれていたためにいつも新しく買い足していた物が出てきたりします。本来はひとつあれば済むのに、整理整頓されていないために増えてしまったそれらが収納スペースを圧迫しているという訳です。不要な物は捨てるか寄付して、必要な物だけをジャンルごとに分類して分かりやすく収納し直せば、使い勝手も良く問題も再発しません!

5、多機能家具

スペースの大部分を占める家具を一台で複数の機能を持つ多機能家具に買い替えると、スペースの大きな節約になります。一人暮らしの部屋ならベッドとデスク、クローゼットが一体化している多機能家具をひとつ置くだけでほとんどの用途をカバーできるので、残りは広々としたフリースペースにしても良し、柔らかいラグとゆったりとした独り掛けソファを置いて特別なリラックススペースにしても良し!

こちらは兵庫県を拠点にするオーダメイド家具F.B.Fのもの。

6、拡張式シェルフ

Connoxが手掛けたリビングルーム
Connox

Muuto – Stacked Regalsystem

Connox

スペースに合わせて拡張可能なシェルフはとても便利です。狭小スペースにもフィットさせることが可能で、もしも収納したい書籍や小物などが増えた場合は、シェルフを拡張させれば簡単により多くのスペースを得ることができます。新しく本棚を買い足したり、設置するためのスペースを作るために部屋のレイアウトを変更する必要がないのも気軽でいいですね。これならどんな隙間も無駄にしません!

狭小スペースでも諦めないで工夫すれば収納力はゲットできます!感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!