箕面森町の家: 間工作舎が手掛けた家です。

素材にこだわる家づくりとは

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

家づくりを考えるとき、そこに使われる素材について考えることはイメージを固めていくためにもとても大切なことです。それと同時に、素材によっても構造の可能性の幅が異なったり、過ごしやすさが異なったりするポイントにも気を付けたいもの。家の外観は街の印象を左右するものでもあるため、個性を出したいのか街に馴染ませたいかによっても選択の幅が変わってくるはず。皆さんはどんな風にマイホームを見せたいですか?

素材で家の印象をつくる

家の印象は、そのデザインはもちろんのこと、素材によってもかなり変化するものです。

最初にご紹介するこちらのお宅は、東京の建築家・Aray Architectureが手がけたShirasu。文字通り鹿児島のシラス台地に建つお宅です。角錐台のファサードは、シラスを原料として使ったブロックでできています。断熱性や耐火性、調質性などの特性を持った素材であるため、内部は夏は涼しく、冬は暖かいというとても過ごしやすい住空間を実現しています。機能的かつ美を兼ね備えていて、とても魅力的ですね。

Photo: DAICI ANO Co., Ltd

木とガラスでモダンさを

箕面森町の家: 間工作舎が手掛けた家です。
間工作舎

箕面森町の家

間工作舎

木を使った家づくりは、日本で伝統的に行われてきた形ですが、モダンなマイホームを目指すのであれば、どこかに工夫をプラスしたいもの。こちらのお宅は、五つの小屋が寄り集まったようなデザインで構成されています。一見、伝統的な日本家屋のように見えますが、よく見るとガラスが多用されており、外の自然とフラットにつながる印象となっています。中に住む人にとっては開放的、外から見る人にとっては街を照らすランタンのような印象のお宅です。

Photo: 高野友実

グリーンを取り入れよう

近年注目を集めているエコハウス。夏涼しく冬あたたかい構造で、電気の消費量を抑えることができるという、文字通り環境にやさしい、そしてお財布にもやさしい住宅の形です。こうした効果を求める時に取り入れられる方法のひとつが屋上緑化。熱を遮断する効果があったり、建物を守ってくれたり、またこちらのようなお宅のデザインであれば、屋根の上を庭のように活用することが可能になります。自然が感じられる外観が素敵ですね。

ガラス張りにしてみる

五月丘の家 - House of Satukigaoka: 林泰介建築研究所が手掛けた家です。
林泰介建築研究所

五月丘の家 – House of Satukigaoka

林泰介建築研究所

開放的な家づくりを考えるのであれば、ガラスを上手く外観に取り入れていきたいところ。とはいえ、住宅地などでは、プライバシーの確保というポイントも外せません。こちらは傾斜地に建つお宅。周囲からの視線を考慮して、一階の部分には窓を少なくどっしりとした構造に、二階以上のスペースにはガラスを多用したデザインとなっています。明るく、外を見渡すことのできる形は、家で過ごす時間ものびのびとしたものになりそうですね。

Photo: 杉野圭

屋根がメイン素材?!

個性的な印象の家づくりを考えるのであれば、その素材感にもこだわりたいところ。こちらのお宅では、屋根構造が建物のメイン素材となったとてもユニークな形です。Origamiと名づけられたこちらのお宅は、文字通り屋根が折り紙のように住空間を包み込むような形となっています。外に開かれた部分が少ないようにも思われますが、窓を大きく取ることによって、住まいの中にしっかりと光を取り込んでいます。

ミニマルに見せる

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家: M設計工房が手掛けた家です。
M設計工房

3つのテラスが自然を採り入れる、中庭が景色をつなぐ家

M設計工房

個性的でもミニマルな外観を求めるのであれば、素材感に加えて色合いにも考慮していくといいでしょう。こちらのお宅は、コの字の構造に片流れ屋根と陸屋根とが組み合わされたユニークな形。もし外壁に黒やブルーといった色合いが取り入れられていたら、かなりインパクトが強いものになりそうですが、シルバーのガルバリウム鋼板を取り入れることにより、とてもミニマルな印象に仕上がっています。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

ちょっとした差が大きく印象を左右しますね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!