リビング: こぢこぢ一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

ナチュラルテイストをリビングに盛り込もう

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

リビングは毎日くつろぐ場所として活躍するスペース。深いリラックスのために、いろんな工夫を取り込みたいものです。元々人間も自然の一部。だから、ナチュラルテイストをプラスした空間では、多くの人がリラックスしていると感じる事ができるそうです。リビングにナチュラルテイストを盛り込んでみませんか?インテリアのスタイルとしてだけでなく、ちょっとした工夫で自然をプラスできるんです。

ナチュラルスタイルで過ごしやすいリビングに

ナチュラルスタイルのリビング、最初にご紹介するこちらは、わずか16坪の平屋のなかにあります。天井が高く、木を多用した空間では、まるで森の中にいるかのような印象を持たれるかもしれませんね。壁面にはいろんな種類の色鮮やかな木材がパッチワークのように組み合わされていて、その不規則性が遊び心を感じさせます。コンパクトな造りながらも、木や置かれた観葉植物で心和む空間となっていますね。

異国情緒をプラス

ナチュラルテイストは、必ずしもナチュラルインテリアの中にあるものではありません。例えばこちらのお宅では、壁面や天井をマンションのコンクリート構造をそのまま利用したような、一見クールに見られがちな空間。そこに、ラタンのハンギングチェアや木製の家具、観葉植物の鉢植えや活けた木の枝が自然らしいテイストをプラスしています。東京の建築家・Tato Designの手によるマンションのリフォーム物件です。

外の環境を取り込む

都市部の住宅地では、インテリアや小物などで自然を演出することによってナチュラルさをプラスしていくことが必須となりますが、逆に自然の中に建つお宅ならば、その周囲の環境を内に取り込まない手はありませんよね。こちらは軽井沢に建つ別荘のリビングダイニング。眼前に広がる森の美しさを、一面ガラス張りとすることによって、屋内へと取り込んでいます。窓を開けると、心地よい風と優しい葉音に心が和みそうですね。

蔓性植物を生かそう

観葉植物をリビングに取り入れると、優しくも暖かな印象の空間になります。とはいえ、大きな鉢植えがおしゃれだから、とオリーブやモンステラのような植物を置くと、かなり移動が大変だったり場所を取りすぎてしまったりと、例えば女性の一人暮らしであるならば、意外に問題がでてきたりするもの。シンプルでミニマルだけれど、植物でおしゃれに見せたいのであれば、蔓性の植物なんかいかがでしょうか?高い所において葉を垂らすと、それだけでぐっとおしゃれ度がアップするはずです。

素材感で

家を新築したりリノベーションしたりするのであれば、空間を構成する素材感に気を付けてカスタマイズしていくのもいいですね。こちらのリビングでは、家具と建具を同じ色合いの素材で揃えることによって、統一感のあるあたたかなインテリアを実現しています。アクセントとして植物を置いたり、黒いメタルをプラスしたりすることにより、どこかヨーロピアンなテイストを感じられて、スタイリッシュな内装に仕上がります。

風通しをよくしよう

家の素材やインテリアにこだわったり、環境的な要素をプラスしたりすることもナチュラルテイストを感じられる住空間づくりにはとても大切なこと。でももっとシンプルに考えたいのであれば、風通しについて考えてみてはいかがでしょうか?家の中にいながらにして、庭で咲く花の香りや木々のたてる葉音の爽やかさ、虫の鳴き声などが感じられると、それだけで自分が自然の中にいるということに気づかされるはずです。シンプルだけど効果的な方法です。

Photo: 笹の倉舎 笹倉洋平

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

自然が身近に感じられるようにしてみたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!