観葉植物を上手に取り入れるためのポイント | homify Japan | homify

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

観葉植物を上手に取り入れるためのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
大人が遊べる家 の フォーレストデザイン一級建築士事務所
Loading admin actions …

観葉植物をインテリアに取り入れて、住まいをおしゃれにしていくと同時に、緑が溢れる新鮮で生き生きとした空間でゆとりのある暮らしをしたいと考えている方も少なくないと思います。そこで今回は、観葉植物を上手に取り入れるためのポイントを部屋別に見ていきましょう。それぞれのインテリアに適した植物の種類や大きさを考慮しながら、インテリア全体で調和するように緑を飾っていきましょう!

観葉植物が家族団欒の雰囲気を生み出すリビング

観葉植物を上手に取り入れるためのまずはリビングにおけるポイントを見ていきましょう。家族みんなが集まり、住まいの中心的な空間となるリビングには、家族団欒の雰囲気を生み出すようなものを選んでいくといいと思います。おすすめなのが、少し場所を取るようなゆったりとした大きめの植物です。ボリュームのある緑をリビングに置くことでアイキャッチャーとしての役割を果たしてくれますし、シンボルツリーのような意味も持たせることができるでしょう。他の部屋よりも広いリビングだからこそ、そうした余裕のある観葉植物を取り入れてみるといいでしょう。

寝室では落ち着きのある雰囲気づくり

Black and Milk | Interior Design | Londonが手掛けた現代の, モダン
Black and Milk | Interior Design | London

Modern New Home in Hampstead – guest bedroom

Black and Milk | Interior Design | London

寝室は寝るための空間であることから、リビングのように大きく大胆に緑を飾るのではなく、小さくシンプルなものを選びながら落ち着きのある雰囲気づくりを心掛けてみて下さい。ベッドの横にあるサイドテーブルにシンプルに飾りながら、スタンドライトでやさしく照らすなどすると、柔らかい印象を生み出すことができるでしょう。また、朝日に映えるような観葉植物を窓辺に置いて、清々しい朝を迎えられるような演出もしてみてもいいかもしれません。

ゲストを迎える玄関

玄関は家族だけでなく、ゲストを迎える家の顔となる大切な空間であることから、観葉植物を置く際もそうした迎い入れる印象がでるように心掛けていきましょう。ここでは、様々な色の花を取り入れて、少し優雅にゲストを迎い入れてもいいでしょうし、シーズンごとに花を変えて季節感を演出してもいいでしょう。より観葉植物を活かしたい場合は、計画段階からその飾り方を考慮した玄関を意識してみるといいでしょう。

トイレやキッチンにおける観葉植物

オリジナルスタイルの お風呂 の homify オリジナル

小さなスペースのトイレや作業効率を重視するキッチンでは、観葉植物は小さめのものを選ぶことがほとんどだと思います。しかし、そうした小さな緑でも心を安らかにしてくれる貴重なアイテムとなってくれますし、ハーブなどを取り入れれば、料理にそのまま使用することができます。それでもトイレやキッチンに観葉植物を置くにはスペースがもったいないと思われる方は、小さな花瓶に一輪の花を飾るだけでも十分安らぎの効果を発揮してくれます。

周囲を取り込んで緑を楽しめる庭

【3600mmの大開口 庭と一体の暮らし】 オリジナルデザインの リビング の (株)独楽蔵 KOMAGURA オリジナル
(株)独楽蔵 KOMAGURA

【3600mmの大開口 庭と一体の暮らし】

(株)独楽蔵 KOMAGURA

敷地内に庭が設けられる住まいでは、インテリアと同様に屋外空間も緑で上手に演出していく庭づくりをしていくと思います。そこでポイントとなるのが、周囲を取り込んで楽しめる庭にしていくことです。庭づくりをしているとどうしても庭自体をどのようにするかに集中しがちですが、それと同時に庭を室内から楽しめるように、庭に向かって開口部を大きく開けたり、さらには外からも庭の緑を眺めて楽しめるような柵や生垣、そして建物配置などを検討してみて下さい。生垣については、「生垣で住まいを緑で囲もう!その役割とメリットまとめ」も是非参考にしてみて下さい。

シンボルツリーのある住まい

マイホームを計画する際には是非シンボルツリーを取り入れることも検討してみて下さい。時が経つごとに愛着が湧いていき、その木を見るだけで「我が家」という雰囲気を感じさせてくれるようになると思います。また、それが落葉樹であれば、夏は葉っぱで陰をつくり、葉が落ちる冬は家に日の光が差し込むようになります。こちらの住まいでは、建物に囲われた中庭空間にシンボルツリーが緑をもたらしています。そして、暮らしに落ち着きと潤いを与えています。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

それぞれの住まいに合った緑を取り入れていきましょう!コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!