中庭からリビング: 窪江建築設計事務所が手掛けた庭です。

贅沢な空間、広がりのある暮らし、住んでみたい平屋の家5軒!

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

現代では平屋は憧れの家と言えるかもしれません。平屋は縦ではなく横に広がる建物になるため、多くの敷地を必要とします。そのため都市部に建てるのは簡単ではありません。そんな平屋は、その空間構成のため解放感を生み出し、気持の良い暮らしを可能にします。そこで今回は心地の良い暮らしを可能にする5軒の平屋を紹介したいと思います。

モダンな平屋

最初に紹介するのは、五藤久佳デザインオフィス有限会社が手がけた住まいです。こちらの建物の外観はとてもシンプル。片流れの屋根の下にはガラス窓が並んでいます。それ以外に目立つものはなく、モダンな印象を与えるでしょう。このような家で特徴となるのは開放的なリビング。建物前面に並ぶガラス窓は、外の風景を切り取り、家の中に取り込みます。そのため視覚的広がりを生み出して広がりを感じさせます。このような家なら、平屋の持つ広がりを満喫できるに違いありません。

風土を活かした平屋

次に紹介するのは山田伸彦建築設計事務所が手がけたもの。こちらの建物は風土に合わせたものとなっています。外観で考えられたのは、この地の建築様式を取り込むこと。外壁には杉板が使われており、強い日ざし、そして雨から建物を守ります。また内部には漆喰が使われおり、ナチュラルな雰囲気を生み出しています。このような住宅で何より素晴らしいのは、フレキシブルな建築構成。将来、子供部屋や書斎の増築を考慮に入れて建てられており、生活に合わせた変化を可能にしています。

プライバシーを守る平屋

窪江建築設計事務所が生み出したのは、プライバシーを守る平屋。こちらの建物は二つの中庭を取り囲むように建てられています。中庭は建物に囲まれた場所となるため外から覗かれることはありません。そんな中庭に対してガラス窓やガラス戸を設けることで、プライバシーを守りつつ開放的を作り出します。このような本住宅で忘れていけないのは、二つの中庭に囲まれた空間。両サイドに庭があるため、まるで屋外にいるかと感じられるでしょう。このような家なら、隣家が迫っていても気にすることなく開放的な暮らしを楽しむことができます。

ナチュラルな平屋

中山秀樹建築デザイン事務所が建てた平屋の住まいは、ナチュラルな暮らしを実現させています。こちらの家の特徴は大屋根の下に広がる縁側。それは和の雰囲気を生み出すだけではありません。それは夏の強い日ざしを遮ること。夏であっても室内の温度の上昇を防ぎます。また通風が考えられており、風の通り道が生まれるように窓が配置されています。こうしてエアコンが苦手なご家族にナチュラルな暮らしを可能にしているのです。

開放的な平屋

最後に平屋の広がりを最大限に活かした住まいを紹介します。こちらの建物はISDアーキテクト/一級建築士事務所によって建てられたもの。平屋と言えば、階段の無い横へと広がる空間構成のため、住まいに広がりが生まれます。そこに縁側があれば、家は一層広々としたものになります。なぜなら縁側は家の外と中を繋ぎ、その境界を曖昧にするからです。本住宅はそんな縁側を最大限に生かして、住空間を庭と一体化させています。そのため、ここでは圧倒的な解放感が得られるのです。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選  

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?  

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

平屋について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!