キッチンの照明で居心地の良さをアップさせよう

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

あなたはキッチンの照明に満足してますか?料理をする手元が暗かったりしませんか?キッチンの照明に手を加えるだけで、作業のしやすさや居心地のよさがアップすることをご存じですか?もしこの問いに1つでも当てはまるのであれば、プチリノベーションを考えてみるのもいいかもしれません。食べることは生きること。その中心となるキッチンを気持ちよく使うための照明アレンジについてまとめてみました。

よりよいキッチンの照明について考えよう

キッチン(アイランドキッチン): H建築スタジオが手掛けたキッチンです。
H建築スタジオ

キッチン(アイランドキッチン)

H建築スタジオ

わたしたちが思っている以上に、わたしたちはキッチンで作業をしています。料理をするだけでなく、食事をしたり仕事をしたり遊んだりする人もいるはず。そう考えると、キッチンの照明はほかの部屋よりも多く使われていることがわかりますよね。ならば今使っている照明について考え直してみてはいかがですか?よく使う場所、立ち位置で適切な明るさがあるか気を付けてみてください。照明が一つ変わるだけでも、雰囲気も変わります

ダクトレールを取り付けてみる

普段使う場所でちょっと照明が暗い、と思われるのであればまずはダクトレールを取り付けてみましょう。これは便利な照明パーツで、このレール上のどの位置にでもお好みのスポットライトやペンダントライトをお好きなだけ取り付けられるため、ピンポイントでのライティングができます。株式会社KADELの手がけたこちらのお宅では、キッチンの真上にI字型のレールが配置されていますが、L字型、T字型のダクトレールを使うとより広い範囲でのライティングアレンジが可能になります。

釣棚の下に照明をつけよう

天井やダクトレールから多方向に照明が当てられているとはいえ、常に照明の死角となるのが釣棚の下。キッチンのデザインによっては調理でもよく使う場所ではないでしょうか。ここで料理本を広げてみても、暗くて見づらいのでは?それでは作業効率も下がってしまうので、釣棚下に照明をつけましょう。蛍光灯は長寿命で取り付けも簡単ですが、その光が冷たい感じがするため、食欲をそいでしまうとか。ただ料理本などを見るのには適しています。ハロゲン電球は、太陽光に近いあたたかな色合いで食べ物との相性はばっちりですが、設置がすこしややこしいかもしれません。いずれにしても、照明がちょうど目に近い位置に設置されるので、ランプシェードのようなものも忘れずに。

シーリングライトを増やしたりいいものに変えてみたり

ステンレスと古い建具、多様な木の表情が混ざり合うキッチン: エンジョイワークス一級建築士事務所が手掛けたキッチンです。
エンジョイワークス一級建築士事務所

ステンレスと古い建具、多様な木の表情が混ざり合うキッチン

エンジョイワークス一級建築士事務所

あなたのキッチンは埋め込み式のシーリングライトでうまく必要なところに光が当たらず困っていたりしますか?それならば、別の位置に新しく取り付けてみるか、中のライトのシステムを変えてみるのはいかがでしょうか。埋め込み式のダウンライトには、電球の照射方向が30度程度まで変えることができるものがあります。これを利用すると埋め込み式のシーリングライトでもスポットライト的な使い方ができます。この方法ならば、それほど出費もなく使い勝手の良い照明が得られそうですね。

写真:東涌 宏和

調光器をつけてみる

料理するときは明かりがあったほうが作業しやすいけれど、食事をするなら少し照明を落としたほうが雰囲気はよくなりますよね。それならば調光器を付けてみることをおすすめします。料理や仕事、遊びや食事、語らいの時間とそれぞれ明るさを調整できると、同じ空間でありながら非日常的なムードのあるモダンなキッチンになりますね。リモコンでお好みの照明に切り替えられるので、とてもお手軽です。

まずは電球を見直してみる

William and Watsonが手掛けた家庭用品
William and Watson

Decorative filament light bulbs

William and Watson

これまで見ていただいた通り、キッチンの照明をプチリノベーションする方法はいろいろあります。さぁ取り掛かろう、という方も、あんまり出費するのはちょっと、という方も、まずは今お使いの電球を見直してみてください。電球には、スポットライトタイプでは20度程度の範囲で、フロッドライトとよばれる広域を照射するタイプでは70度もの範囲で照らすものがあります。昔ながらの白熱灯の形であれば、なんと360度、全方向に光が照射されます。今お使いの照明には、これらの照射範囲をフルに活用できる場所に電球が使われていますか?例えば、もしフロッドライトタイプのものがシーリングライトの奥まったところに使われていたら、電球の出している明るさをフルに活用できていないかもしれません。適材適所。まずそこから始めてみてくださいね。ひょっとしたら電球を変えるだけで驚くほど明るくなるかもしれません。

いろいろ方法がありますね。参考にしてみてください。ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!