自然素材に包まれた石屋根の家: 遊友建築工房が手掛けた子供部屋です。

子育て世代のための家づくりの5つのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

子育て世代にとって家づくりは、大きくなっていく子どもに合わせながら、より良い成長を促していく住まいにしていきたいという期待から、なかなか難しい作業になるのではないでしょうか。そこで今回は、子育て世代のための家づくりのポイントを紹介していきたいと思います。子どもが大きくなるまで暮らしていく家だからこそ、しっかりとした住まいづくりで子育てに集中できるような環境をつくっていきましょう!

子育て世代の生活スタイルを左右するキッチンとリビングダイニング

子どもたちのわんぱく基地のあるリビング: 株式会社エキップが手掛けたリビングです。
株式会社エキップ

子どもたちのわんぱく基地のあるリビング

株式会社エキップ

子育て世代にとってまず家づくりで重要となるのが、どのようなキッチンとダイニングにするかということです。子どもが小さいうちは、自由に遊ばせながらも危険な目に遭わないように常に注意を払わなければなりません。しかし、ずっと子どもの側にいると、今度は家事がいっこうに進まないことになってしまいます。そうしたことから、子育て世代にとってはキッチンを中心とした家事スペースとダイニング、さらにはリビングといった場所を同時に考えながら、家事と子どもの面倒を見ることが同時進行でできるようなプランニングを考えていくといいと思います。

子どものためのスペースをLDKに

大人も子どもも元気にワクワク遊ぶ家: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。
株式会社スタイル工房

大人も子どもも元気にワクワク遊ぶ家

株式会社スタイル工房

上で述べたことからも、子どものためのスペースをLDKに設ける子育て世代が増えています。赤ちゃんの時期は寝返りやハイハイができるように床が柔らかいスペースにしたり、学校に行くようになればリビングスペースの一角やダイニングテーブルで勉強ができるようにしたり、思春期になり少しプライベートな場所が必要になれば、LDKの隣に子ども部屋を配置するといった間取りです。こうした間取りによって、子どもが部屋に閉じこもることなく、いつでも家族と顔を合わせることができるようなコミュニケーションの図りやすい住まいにすることができるでしょう。

成長に合わせて変化する子ども部屋

子どものスペースや子ども部屋をLDKの中、あるいは側に配置するとなると、そうしたスペースを子どもの成長に合わせて変化できるようにすることが必要になってきます。子どもが小さい時期は間仕切りを用いずにオープンなかたちでLDKに取り入れ、大きくなるにつれて仕切る度合いを増やしていき、最終的には1つの閉じた空間になるような子ども部屋にしていくといいと思います。そして、子どもが独り立ちし、子ども部屋を使わなくなれば、間仕切りを取り払い、そのスペースをLDKに取り入れることもできますし、趣味の部屋など様々なかたちで利用することができるでしょう。

成長するごとに増えていく物を収納できる空間の確保

子どもが部屋で自由に遊べるように、そして親が子育てしやすいように収納スペースを十分に確保しておくことも子育て世代の家づくりで忘れてはいけないポイントとなるでしょう。おもちゃや思い出の品など子どもが成長するごとに物は増えていきます。そうした物を捨てられれば一番いいかもしれませんが、なかなか捨てられないと思います。しかし、そうした物が生活空間に溢れていては住みづらくストレスになってしまいますので、屋根裏や納戸、床下などに収納スペースをしっかりと確保するといいでしょう。

自然素材を取り入れる家づくり

自然素材に包まれた石屋根の家: 遊友建築工房が手掛けた子供部屋です。
遊友建築工房

自然素材に包まれた石屋根の家

遊友建築工房

子育て世代にとって子どもが健康に育ってくれることが一番大事なことになるでしょう。家づくりにおいても、災害に強く安心して暮らしていける住まいを心掛けると思います。それに加えて、シックハウス症候群を心配する方もいらっしゃるでしょう。自然素材を取り入れる家づくりは子育て世代にとって健康面で住まいをより安心なものにしてくれるでしょうし、無垢材や土壁といった素材は子どもの感性にも良い影響を与えてくれると思います。自然素材については、「環境にも健康にもやさしい自然素材住宅のメリット・デメリット」も是非参考にしてみて下さい。

まとめ

子どもが成長していくごとに住まいのかたちを変えられる家にしていくことが子育て世代の家づくりで求められます。それに加えて、住まいの安全面や健康面などを考慮した家づくりももちろん必要になると思います。フレキシブルに家のかたちを変えることができる住まいにしていきながら、それぞれの家族に合った生活スタイルや子どもとの距離感を実現していくことは容易なことではありませんので、是非そうしたことに長けている建築家に一度相談してみてはいかがでしょうか。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたは子育てのためにどんな住まいにしていきたいですか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!