見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

都市型狭小地、変形四角形が切取る「空」の家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

都市部に多くみられる狭小住宅。限られた敷地の中で快適な住環境を生み出すにはまさにアイデアや工夫の賜物ですよね。今回ご紹介するのは環境を追及したデザインが外観に大きなインパクトを与える都市型狭小住宅です。アトリエ・天工人が手掛けたこちらの住まいは、大きく設けた変形四角形のトップライトの存在によって、内部と外部の関係性が豊かなものになるような「新しい中間領域」が広がります。狭小という環境の中でも、東京の空を切り取り住空間に爽快感と開放感の感じられる住まいです。

個性的でシンプルな外観に

敷地があるのは東京都内の住宅地。建築面積はわずか13坪の本住宅、ビルトインガレージのモダンな見た目は真っ白な外装に多角形のようなフォルムで個性的な風貌です。目立った開口は大きく空に向かって開く四角形の窓。窓というか、トップライトというかちょっぴり曖昧な開口は通りすがる人の目線では室内を覗くことはありません。セキュリティ性にも優れたシンプルなデザインに。

室内に呼び込む異なる「空」

室内から見るその個性を引き立てる開口。所々で近隣の建物をカットするような視界は気持ちよく空を眺めることができます。白と木とコンクリートのシンプルナチュラルな住空間、室内にそそぐ日の光を一層深く味わうことができそうです。様々な角度をつけて差し込む光は時間帯、季節によってもその変化を豊かに愉しめるはずです。住空間に取り込む自然に、新たな中間領域を感じることができます。

日の移ろいを感じる住空間

室内に倒れこむような、迫る変形四角形の大きな開口。差し込む日差しの形状は予測しがたい角度で室内に。一見すれば住空間として使えるスペースが減ってしまうのではと考えてしまいますが、そこが大きな違いになるのかもしれません。きっちりみっちり空間を使い切るのではなく、感覚を刺激するような装置として活用することで、より広がりを感じることができるのかもしれません。

ミニマルテイストな空間

コンクリート打ちはなしで包む室内壁はちょっぴり無機質感あるミニマルなインテリアに。数ある素材の中でもクールさスタイリッシュさは断トツ。真っ白な螺旋階段と間接的な緩やかな採光で繊細さも味わえる空間に。特別大きな家具を置くことなく、収納のある壁面、狭小地ならではのスッキリとした空間の確保が可能です。

シンボルのような存在感

夕景の中の外観はちょっとしたシンボルのような存在感を放ちます。真っ白な壁から漏れる暖色系の暖かな灯りは通りすがりに見かけるだけでもホッコリとした気分になれそうです。カーテンなくして過ごせる空間、室内からは夜の空に飛行機の航空灯や満月など、都会の中ならではの夜景を愉しむことができそうです。

狭小地の住宅でも気持ちのいい空を眺められる空間は最高ですね!是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!