心地よい和室空間best5 - 現代の暮らしに寄り添う和室の形! | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

心地よい和室空間best5 – 現代の暮らしに寄り添う和室の形!

K.Matsunaga K.Matsunaga
八潮の家: TAMAI ATELIERが手掛けた和室です。
Loading admin actions …

畳のある和室は、昔から日本の家に寄り添う存在として暮らしを共にしてきました。だんだんとライフスタイルが洋風化するにつれ、畳よりもフローリングが主体の住宅が一般的となってからは、畳のある空間がない住まいも増えています。とは言っても、独特の香りや柔らかさ、座った時の居心地の良さは畳でしか感じられないメリットももちろんあります。現代では現代の暮らしに合わせた和室の形が新しい住宅の歴史を作っていると言ってもいいでしょう。今回ご紹介するのは、現代の暮らしに取り入れられた和室best5です。設えや配置、あえて昔の暮らしを取り入れたりと創意工夫がつまった和室をご紹介します。

伝統的な大工技術を取り入れた薪ストーブのある家

薪ストーブの家  群馬県 中之条町: 田村建築設計工房が手掛けたリビングです。
田村建築設計工房

薪ストーブの家  群馬県 中之条町

田村建築設計工房

田村建築設計工房の手がけたこちらの家は、伝統的な仕口や継手を用いた空間が特徴の住まいです。平家の伸びやかさと天井の高い開放感を生かすため、しっかりとした躯体によって大空間が実現されました。まるで古民家を思わせるどっしりとした柱や梁のダイナミックさで彩られたLDK。広々とした空間に小上がりの和室ダイニングが設けられ、どこか懐かしい旅館や食堂を思わせる心地よさが生まれます。キッチンにいる人との目線も合い、広い空間でも家族の距離感が近く感じられるでしょう。本住宅については「重厚な和インテリアと薪ストーブ煙突のある住まい」で詳細をご紹介しています。

アトリエと茶室のある住まい

茶室(夕景): TOFUが手掛けた家です。
TOFU

茶室(夕景)

TOFU

TOFUの手がけたこちらの家は、町工場と住宅の兼用だった古いビルを改装して生まれた住まいです。5階建てのうち、2階以上を住宅、1階をアトリエと茶室とプランニングがなされました。奥側を見ると伝統的な茶室の雰囲気ですが、茶室から反対側を見ると大きな窓のあるアトリエ空間が広がる独創的な空間です。奥に長い建物のため、採光が届かず閉鎖的になりがちだったところを、小さな中庭を設けることで光の問題をクリアしました。小さいながらも本格的な設えの茶室は、たくさんのゲストを迎え寛ぎの時間が流れることでしょう。本住宅については「町工場のビルから茶室を備えた住まいへと変えたリノベーション「O-renovation」」で詳細をご紹介しています。

光の美しさを再認識するモダンな家

庄司寛建築設計事務所 / HIROSHI SHOJI ARCHITECT&ASSOCIATESの手がけたこちらの家は、「光のスリット」を用い、光の導きをテーマにデザインされた住まいです。敷地の軸線に沿って設けられた長いトップライトに、階段をガラス製とすることで家の奥深くまで自然光を導くことが可能です。光を浴びて輝く階段の美しさに息を呑むことでしょう。和室は壁際に設けられたトップライトが光のグラデーションを生み出し、和室の凜とした空気感を演出します。静かな時間を過ごしながら、日々の喧騒を忘れ心が洗われるような雰囲気に仕上がりました。本住宅については「西原の家 / House in Nishihara」で詳細をご紹介しています。

風合いの良い素材を使った古民家テイストの家

八潮の家: TAMAI ATELIERが手掛けた和室です。
TAMAI ATELIER

八潮の家

TAMAI ATELIER

TAMAI ATELIERの手がけたこちらの家は、古民家のテイストと自然素材がたっぷりと使われた和モダンな住まいです。こってりと存在感のある風合いで仕上げられたファサードから室内に入ると、古民家を思わせる土間やダークブラウンの躯体がどこか懐かしさを感じさせる空間が見えます。無垢材の天板などが使われた上質な家具のある落ち着いたインテリアは、木のどっしりとした存在が生き、年月をかけて味わいを増していくでしょう。LDKに隣接された和室は一段小上がりとなっており、古建具と欄間によって個室としても使うことができます。淡いグリーンの壁が奥行きを生み、古建具との美しいコントラストを生み出しました。本住宅については「暮らしを彩る好きなモノと「八潮の家」」で詳細をご紹介しています。

インナーガーデンを囲むリゾートをイメージした住まい

吹抜けを見下ろす和室 : TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた和室です。
TERAJIMA ARCHITECTS

吹抜けを見下ろす和室

TERAJIMA ARCHITECTS

TERAJIMA ARCHITECTSの手がけたこちらの家は、広々としたインナーガーデンを中心としたリゾートハウスを彷彿とさせる住まいです。外からは閉じられ、プライベートが守られる中庭は、のびのびとした暮らしをもたらします。中庭に面して吹き抜けを設けることで、さらに開放的で心地よさを感じられる空間が生まれました。和室は2階にあり、吹き抜けを臨む側に水平窓が設けられ、宙に浮かぶような感覚を味わいながらダイニングと中庭を一望できます。家の中でもスペシャル感のある場所であるこちらの和室は、客間としてはもちろん読書を楽しんだりゆったりとくつろいだりと大活躍の空間となりました。本住宅については「美しい中庭と開放的な室内空間が魅力の住まい」で詳細をご紹介しています。

暮らしに広がりを与える現代の和室のスタイルに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!