外観と内観のコントラストが素敵!開放的なテラスのあるモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、閉鎖的な外観と開放的な内観のコントラストが面白いモダンな住まいです。敷地の多くの割合をテラスなどの屋外空間に有したことで、気持ちのいい光が家中に行き渡る、明るく快適な住宅となっています。このモダンで開放感あふれる家を手掛けたのは、東京を拠点に活動するU建築設計室です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

ダーク系のシックな外観

こちらは住まいの道路側の外観です。ダーク系の色で統一されモダンで落ち着いた印象の木造2階建ての住まいとなっています。プライバシーのために、この道路に面する北側は開口も控えめになっており閉鎖的な外観ですが、それが逆にエレガントな佇まいを際立たせているようにも見えます。住まいの両サイドには他の住宅が建っているため、この北側の道路面以外からは採光があまり得られない状況。そこで、敷地の1/3をテラス等の屋外空間にすることでその問題をクリアしているということです。

明るい吹き抜けの玄関ホール

家の中に入ると、そこにあるのは吹き抜けとなった明るい玄関ホール。高窓から光が差し込み、高い天井に白を基調とした開放的な空間が広がっています。初めて住まいを訪れる人は、閉鎖的な外観と開放的な内観のギャップに驚くことでしょう。グレーの階段の手すりが、空間にシャープなラインを描くように場を引き締めているようにも見えてお洒落です。住まいはこの玄関ホールの吹き抜けを中心として、1階・2階と、ガレージ上の中間階で構成されている作りとなっています。優しいぬくもりのある木の階段を上り、中間階・2階へと続いていきます。

テラスに面した1階空間

大開口を設け、テラスに沿う様に設けられた1階空間です。テラスを通して明るい光と気持ちのいい風が室内にもたらされ、住宅地に建っている家とは思えない快適な空間となります。リズムよく続く天井の梁はあらわしとなっており、自然素材の心地よさを感じられるようになっているのもこの住まいの大事な特徴です。

空を感じる開放的なデッキテラス

1階の部屋とは少し高い位置にあるデッキテラス。1階の部屋からは直接このテラスに出ることが出来ます。また、この空間は2階の部屋に採光・通風を送るための大事な機能も果たしています。囲われているので、周囲の視線は気にせずに、空を感じながらのびのびとリラックスして過ごせることでしょう。外部空間でも、家の中にいるかのようなプライベート感と快適さを満喫できる素敵な住まいの作りとなっているようですね。

木の温もりを感じる2階

玄関を入り2階へ階段を上がると見えるのがダイニングキッチン。1階の部屋と同じように、天井や梁の木の素材感を生かした作りをしており、ナチュラルで優しい雰囲気の部屋となっています。サイドには、建物の奥行きをなぞるように大きい窓が連続しており、十分な明るさがこの2階空間にも届けられます。キッチンの上部には収納等に便利なロフトスペースが設けられています。

住まいからの明かりが美しい夜のテラス

夜、デッキテラスから住まいをのぞんだ様子。テラスに向かい寄り添うように各部屋がレイアウトされ、住まいが空間的に緩やかなつながりを持っている様子がよく分かりますね。夜は部屋からもれてくる生活の明かりが、優しく住まいを包み込みます。採光が難しいと思われた敷地でも、高い天井や広いテラス、吹き抜けを作るなど空間の使い方を工夫することで、開放的で快適な住まい作りは可能であるということを、この住宅は教えてくれているようです。

外観と内観のコントラストが素敵なモダンな住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!