Bemzが手掛けた

ソファーベッド、取り入れるならどんなデザイン?

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

ソファーベッドは、文字通りソファーとベッドの両方の役割を果たしてくれる便利な家具ですが、その使い方はご家庭によってもまちまちでしょう。一人暮らしの小ぢんまりとしたお宅ならば、二役を毎日使うかもしれませんし、逆に稀にある来客用のベッドとして使われることもあるでしょう。今回は、ソファーベッドのいろいろな取り入れ方について考えます。使い方によって選び方も変えていきましょう。

ソファーベッドはどう使う?

Bemzが手掛けた寝室
Bemz

Schlaf- und Wohnzimmerkombination

Bemz

ソファーベッドとひとくちに言っても、サイズやデザインはかなりたくさんあります。一番コンパクトなものでは、一人掛けソファーやスツールのようなサイズのもの。かなりシンプルで価格も安いものが多いですが、強度には難ありかもしれません。逆に、こちらのようにダブルベッドになるソファーもあります。二通りの使い方ができる場合でも、座るために使われることが多い場合には、ソファーとしての役割を重視して選ぶことになるでしょう。最初に目的をはっきりとさせることが選ぶポイントになります。

来客用に

Loafが手掛けたリビングルーム
Loaf

Pavilion corner sofa bed

Loaf

時々来客があるお宅ならば、ベッドとしても使えるソファーとして、座り心地を重視して選んでいくのがいいですね。こちらはL字型の4,5人は座れるのではないかと思われるほど大きな家具ですが、展開すると二人がゆったりと眠れるサイズのベッドになります。こうしたデザインのものを選ぶのであれば、来客用の寝具も座面下に収められるようなタイプのものにすると、収納スペースを余分に取らずに済むためおすすめです。

お昼寝スペース

日常的にお昼寝の習慣がある方や、週末にゴロゴロしたいという方にお勧めなのがデイベッドにもなるようなデザインのもの。こちらの家具は、一見L字型ソファーに見えますが、実は二人掛けと一人掛けとを組み合わせたものなのだそうです。シンプルな仕組みですが、一人から三人までがいろんな形で使えるため、お部屋のアレンジの幅も広がってよさそうですね。トルコの家具専門店Adalilar Mobilyaの扱う製品です。

毎日フル活用?

寝心地重視のソファーベッド「コンフォートスリーパー」: American Leather Japan LLCが手掛けたです。
American Leather Japan LLC

寝心地重視のソファーベッド「コンフォートスリーパー」

American Leather Japan LLC

毎日寝る場所として、また座る場所として使いたいのであれば、両方の家具としての強度を確認してから購入することをおすすめします。こちらは、American Leather Japanの寝心地を重視して作られたソファーベッド。この種の家具では、座面のクッションとマットレスとしてのクッションを同一のものとして使用することが多く、スプリングが壊れたりして寝心地を左右ということが起こりますが、こちらの製品ではそれぞれ別にクッションを備えているため、どちらの用途でも快適なのだそう。

ベッド的にも使えるサイズ

サイズの大きなソファーがあるならば、敢えてベッドとしての形にならなくてもその用途は果たしてくれそうです。こちらのリビングには、5人は優に座れそうな大きなソファーが置かれています。カウチサーフィンという、他人の家に宿泊させてもらう国際的なホスピタリティシステムがありますが、こんなサイズの“カウチ“ならば、夜も快適に過ごせそうですよね。急な来客でもウェルカムでしょう。

Photo: 芥子富吉

日中も使えるデザインを選ぶ

子供部屋や一人暮らしのお宅で活躍しそうなのが、こちらのようなデザインの家具。収納スペースも兼ねており、寝る場所としても、またクッションなどを置くことによって座る場所としても活躍してくれそうです。家具を取り囲む三辺に立ち上がりがあるため、ソファーとしての印象に近いのも、ワンルームの一人暮らしの学生さんなどにはうれしいデザインかもしれません。初めての一人暮らしにおすすめの家具です。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

用途を見極めて、ぴったりの家具を選びたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!