見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

木材を生かす10のアイデア

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

木造建築は長い歴史を持っています。そして時間の経過とともに、家も木材も人々のニーズに適応し変化し続けています。そこで今回は木材という素材にスポットライトを当て、世界中の事例から木材を様々な箇所に使用した魅力的な住宅を紹介したいと思います。

1、木製ポーチ

古典的でロマンチックなアイデア、夕陽を眺めて座っている時、人は特別な誰かと一緒にいます。木材よりもそのシナリオには最適な素材はありません。あなたの年齢が幾つだろうと、季節がいつだろうと、木材を使用したポーチは快適で居心地よく、ロマンチックな時間を提供してくれます。このような木材をメインとしたアウトドアリビングに合わせるのはシンプルでソフトな家具がベスト。

2、フェンス

木製フェンスは映画やメディアによって強調された、アメリカの家庭の特徴的な機能です。しかし流行を超えて実際にあなたの家によりプライバシーを与えることができる要素です。 フロントフェンスを持つことは、この空間はあなたのものである!ということを明らかにしてくれます。 それは少し利己的に聞こえるかもしれませんが、オープンなデザインのファサードと組み合わせれば、この住宅のように優しい雰囲気を作ることもできます。

3、キッチンカウンター

可燃性物質である木材ですが、キッチンやダイニングルームにも優れた材料として使用することができます。 木材の中でもいくつかの特殊なタイプは表面がすぐに熱くならず、変形しにくいという耐熱性があります。 しかし念のため、コンロのすぐ傍などには使用せず、天板を介するなどの注意が必要です。

4、床

バスルームの床を木材にすることの主な利点は、適切な扱いをすれば空間の湿度や温度を気にせずにすむこと。また、ピースフルな雰囲気を作り、ゆったりとした入浴で心身ともにリラックスできることなど。 こちらのバスルームは、大きな鏡で空間をダイナミックに、シャワー室をガラスの壁にすることで開放感を演出し、浴室がただの”箱”になってしまわないよう配慮されています。

5、屋上テラス

MAA Architectsが手掛けたテラス・ベランダ
MAA Architects

Telegraph House

MAA Architects

あなたが都市部に住んでいる場合は、その混乱やストレスから逃れることができる、ラグジュアリーなスペースを持っている必要があります。 土地不足の都市部ではテラスを設置するスペースが無いという家もしばしば。しかしこのように屋上をテラスにすれば全ての問題は解決です。ウッドデッキと自然素材のソファセットを設置、そして周囲を観葉植物で囲めば都会のオアシスの完成です。可能であれば屋上緑化をすると、住み手と家、そして環境にとって素晴らしい効果をもたらしてくれますよ。

6、ベッドルーム

GRUPO VOLTAが手掛けた寝室
GRUPO VOLTA

Recamara principal

GRUPO VOLTA

木材を部屋に使用したくなる主な理由は絶縁性にあります。つまり外の天気や気温に関係なく、木材は冷たすぎたり暑すぎる雰囲気にならないということです。そしてこちらの木材を多用したベッドルームを見ると分かるように、ほぼ装飾ゼロの状態でもこんなにもリッチで居心地の良い空間となるのです。豊かな質感と表情を持つ天然素材ならではですね。

7、エントランス

WIZJAが手掛けた家
WIZJA

Dom w Burowie

WIZJA

木造住宅は多くとも、完全に木材のみで造られた家を町中で見ることはあまりないかもしれません。なぜでしょうか? そこでポーランドの建築家Wizjaはこのパラダイムを破壊すべく、本物のキャビンのような住宅を設計しました。山の中ではなく町中に建っていても違和感がないのは、ドアや窓のモダンなデザインのため。

8、プール

homifyが手掛けた庭

プールの周りに広々としたウッドデッキを配置して、エレガントで優雅な雰囲気の庭になりました。周囲の豊かな木々と庭の芝生、そしてウッドデッキが一体となり、自然を感じながら穏やかな時間を過ごすことができるスペースです。洗練されたデザインの家具のみを使用して、ワンランクアップした大人の庭に。

9、天井

木製の梁は天井の基礎であり、また美しい構造美を強調する魅力的な要素です。インテリアとの組み合わせでほっこりした山小屋風や歴史を感じる古民家風、ミニマルスタイルとの組み合わせでギャップも演出できます。こちらの住宅は壁にも木材を使用して、ワイルドでいて温かみのある、厳しい自然に立ち向かうような力強さを感じさせる空間となっています。

10、階段

Elia Falaschi Photographerが手掛けた廊下 & 玄関
Elia Falaschi Photographer

CASTELLO CECONI – INTERNI

Elia Falaschi Photographer

時に、階段のデザインは不要に思われるかもしれません。ほとんどのものが機能だけを求められているからです。しかしこちらの階段をご覧下さい。有機的で優美なラインを描くこの螺旋階段は、閉鎖された空間において圧倒的な存在感と、伸びやかな広がりを感じさせています。オブジェのような美しい階段です。

魅力的な木材の生かし方、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!