外観: 石川淳建築設計事務所が手掛けた家です。

桜の眺めを楽しむ2世帯住宅

JUTO JUTO

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

都内の密集した住宅地に計画された都市型住宅を紹介します。モダンな外観が目を引くこの住宅は完全分離型の二世帯住宅。お互いに程よい距離感を保ちながら向かいの桜の木を借景として共有する心地良い住まいです。設計を担当したのは石川淳建築設計事務所。ではさっそく見てみましょう。

スタイリッシュなモノトーンの外観

2つの白いキューブが重なった形態がひと際目立つこの住宅は、1階にお母様の居住スペース、2・3階に夫婦二人の子世帯のための住空間を配置しています。道路を挟んで向かいには桜の木のある広場が隣接。その景色を取り込むべくそれぞれの世帯に正方形の大きな開口を設置しています。モノトーンのスタイリッシュな外観が素敵ですよね。

ミニマルでありながら表情のあるデザイン

それぞれの世帯に玄関ドアを設け、内部は完全分離型の二世帯住宅になっていますが、両世帯を繋ぐ非常用の通路を設置することで、万が一に備えています。1階の親世帯の大きな開口は少し高い位置に設けているので、通りからの視線も気になりません。リズミカルに配置された開口が変化のあるファサードを作り出し、ミニマルなデザインの中にも躍動感が感じられますよね。手前のボリュームの屋根は、子世帯の3階から続くルーフバルコニーになっています。

愛用の自転車を飾った玄関

こちらは子世帯の玄関ホールです。内部もやはりモノトーンで統一したスタイリッシュなデザインが目を引きます。シンプルなモルタルの玄関土間には趣味の自転車をディスプレイ。いつでも愛用の自転車が眺められると同時に素敵なインテリアになっています。

トップフロアの眺めの良いLDK

子世帯のトップフロアは眺めの良いLDKに。ワンルームタイプの開放感溢れる団らんの場が素敵ですよね。大きな開口は借景として目の前の桜の木を切り取ります。気持ちの良い風が通り抜け、明るい日射しをふんだんが入り込むように東側にはハイサイドライトを設置。「自然を感じる小さな家」も桜の眺めを楽しむ住まい。シンプルで温かみのあるデザインが魅力的です。是非ご覧ください。

傾斜天井とハイサイドライトで彩る変化に富んだ空間

ルーフバルコニーへつながるリビング: 石川淳建築設計事務所が手掛けたリビングです。
石川淳建築設計事務所

ルーフバルコニーへつながるリビング

石川淳建築設計事務所

ダイニングキッチンからリビングを見たところです。傾斜する天井が安心感をもたらし。空間にメリハリを作り出しています。リビングから続くのは小さなボリュームの屋根に設けたルーフバルコニー。桜の咲く季節にはお花見も楽しめる心地良い屋外空間になっています。密集した住宅地でも積極的に心地良いアウトドアライフを楽しみたいですよね。

横長窓がアクセントの落ち着いた個室

2階は絞り気味の横長窓がアクセントになった個室を配置。周囲の視線を緩やかに交わしつつ抜け感のある雰囲気を演出しています。必要なモノだけを置いたシンプルモダンな空間が魅力的です。

大きな開口が切り取る借景を楽しむくつろぎの間

こちらは親世帯のリビングです。高い位置に設置した大窓からは向かいの桜が良く見えます。道路に面した位置にある開口ですが、外からの視線も上手に交わしています。単純になりがちなワンルーム空間に高さの異なる天井がメリハリをもたらしています。こちらもタイムレスな真っ白な空間で広がりと明るさを演出。

心地良い畳の寝室

お母様の寝室には和室を採用。やはり畳の上で寝るのってほっとできていいですよね。縁なしの畳を取り入れることで現代のライフスタイルにもぴったりなモダンな和の空間を演出。桟のデザインにこだわった障子から差し込む柔らかい光に包まれる安心感のある寝室です。障子の外は物干しバルコニーを設置。お洒落なデザインと機能性にも優れたプランが目を引きます。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

建築家募集ページ

大きな開口から桜を眺められる心地良い住まい、いかがでしたか?是非みなさんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!