様々な要素が交じり合うリノベーションされた日本家屋

Y.F Y.F
築100年を超える雨屋の改修, STUDIO POH STUDIO POH クラシックデザインの リビング
Loading admin actions …

今回はリノベーションで生まれ変わった日本家屋をご紹介いたします。歴史ある建物の古き良き部分を残しつつ、新しい素材や現代の機能性をプラスしてリノベーションを行い、ライフスタイルに合わせた住まいに生まれ変わらせる。時を経たことで現れる落ち着いた素材感と新しい要素がミックスされたオリジナリティあふれる空間を見ていきましょう。

田の字の空間に戻してリノベーションした築53年の日本家屋

こちらは周囲には田園風景がひろがる敷地に建つ築53年80坪の日本家屋をリノベーションで生まれ変わらせた住まいです。まず築53年の中で増改築された部分を取り除き、本来の日本家屋の様式である田の字の空間に戻してから必要な空間が落としこまれました。元々和室だったところが坪庭になったり、縁側を外部に見立てるなど様々な空間の要素が織り交ざりあい心地良い雰囲気を実現しています。

歴史を感じる姿をそのままにリノベーションした築100年の雨家

こちらは100年以上も前に建てられた養蚕のための雨屋です。家族や土地の歴史を残したいという建築主の想いを、住宅への転用という形でリノベーションされました。内部は変形丸太の三段が等間隔に並ぶ印象的な造りです。可能な限り美しいそれらの姿を維持しつつ耐震性や居住性を現代の水準に合わせて生まれ変わりました。

元の木材とナチュラルで美しい木材をミックスさせた日本家屋

こちらは日本家屋のリノベーションプロジェクトで生まれ変わった住まいです。元の躯体や柱などを生かしながら新たにナチュラルで美しい無垢の木材を床に敷き詰め和モダンな空間が実現しました。天井も高く広々と開放的な空間で昔ながらの和室の雰囲気も感じられる心地良いリビングです。

10万円の予算でオフィスへリノベーションした日本家屋

10万円の低予算で行われた日本家屋のオフィスへのリノベーションです。元々あった敷居や鴨居をスペースの境界とみなし、各エリアの素材を変化させることで広めの空間と用途に合わせて使用出来る空間ができました。建具はふすまからシースルーにすることで開放的なオフィス空間が生まれ、場合によってはそれらを閉めることで心地よくスペースを区切って使用することができます。

新築とリノベーションを同時に計画し生まれ変わった住まい

新築と改築を同時に計画した住まいです。代々受け継がれているもの・ことを守るべく、リノベーションにより座敷が別棟として残されました。表から裏の畑まで下足のまま行けるよう、また座敷と新しい住まいがつながるように縁側や廊下は、通り抜けできる土間に生まれ変わりました。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!