吹き抜けを生かした窓のある家best5 - 開放感たっぷりのリビング!

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

吹き抜けを生かした窓のある家best5 – 開放感たっぷりのリビング!

K.Matsunaga K.Matsunaga
下古山・中庭のある家: 中山大輔建築設計事務所/Nakayama Architectsが手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

天井の高い吹き抜けは開放感を生み出し、高い場所から光を取り込むのに有効的です。吹き抜けがあるだけでリビングがぐっと特別感のあるインテリアに感じられ、憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、その分有効的に使える床面積を減らしてしまうので、迷う場合も。しかし、それ以上に魅力を感じる住まいとなれば取り入れたくなりますよね。今回ご紹介するのは、吹き抜けを生かした窓のある家best5。吹き抜けがより魅力的に感じる開放感たっぷりの住まいを見てみましょう!

森を臨む離れのある家

KENJI YANAGAWA Architect and Associatesの手がけたこちらの家は、書斎の離れと母屋で構成された住まいです。目前に緑地を臨むロケーションにあり、豊かな緑が室内から眺めることが可能です。離れは書斎と水回りで構成され、しっかりとこもって作業ができるくつろぎの空間。ダイナミックに吹き抜けのある1階のフロアにデスクとソファがあり、森を臨む側は全面が窓。外に目をやると豊かな自然が飛び込み、心身がリフレッシュできるようです。本住宅については「 離れに設けた優雅な書斎のある家」で詳細をご紹介しています。

富士山麗のカラマツ林に建つ別荘

ロフトからリビング、ダイニングを見る: TAPO 富岡建築計画事務所が手掛けたリビングです。
TAPO 富岡建築計画事務所

ロフトからリビング、ダイニングを見る

TAPO 富岡建築計画事務所

TAPO 富岡建築計画事務所の手がけたこちらの家は、富士の北麗に広がるカラマツ林に建つ別荘です。自然豊かな富士山麗に調和し、森の中で快適に過ごすことができるよう、素材や構造に配慮し省エネルギー基準を超える機能性も持ち合わせています。豊かな自然を存分に堪能できるよう、外部には20畳ほどのデッキスペースを設けられています。吹き抜けのあるリビングとデッキが一体化し、視覚的にもぐんと開放感を味わえるようにデザインされました。白をベースとしたインテリアはより空間を広く明るく感じさせます。本住宅については「富士山麓の別荘 カラマツ林の傾斜地に建つ別荘」で詳細をご紹介しています。

おもちゃ箱のようなワクワク感がある家

リビング 木製カーテンウォール: 株式会社高野設計工房が手掛けたリビングです。
株式会社高野設計工房

リビング 木製カーテンウォール

株式会社高野設計工房

株式会社高野設計工房の手がけたこちらの家は、「好きなものに好きなように囲まれて、自分の時間を過ごす」家をテーマにデザインされました。まるでおもちゃ箱のような部屋で楽しく暮らすコンセプトが生きています。レッドシダーをあしらったファサードは一見シンプルな佇まい。内部に入ると、大小の窓をランダムに組み合わせた木製カーテンウォールのあるリビングが広がりムードのある雰囲気に。レトロな雰囲気を醸し出す窓はキラキラと光を導き、お気に入りのものたちを照らします。本住宅については「大きな窓と好きなものに囲われたお気に入りの家」で詳細をご紹介しています。

ダイニング: Atelier Squareが手掛けたダイニングです。
Atelier Square

ダイニング

Atelier Square

ATELIER SQUAREの手がけたこちらの家は、熊本市の住宅街に建つ住宅です。古い街並みの一角にあり、プライバシーの確保ができることを住まい手は望まれていました。そこで、建築家は中庭のあるプランを提案。窓を減らすだけでは内部が閉塞的になるところを、開放感を持たせながらも快適な暮らしができるようなデザインが計画されました。中庭に面する側はどこも大きな窓を持ち、LDKはとりわけ吹き抜けを組み合わせた大開口が特徴です。すっきりとした大空間と中庭がつながり、住宅地とは思えないほどの開放感が生み出されました。本住宅については「プライバシーを守り、広がりを感じさせる住宅」で詳細をご紹介しています。

シンプルモダンなコートハウス

居間食堂: Atelier Squareが手掛けたリビングです。
Atelier Square

居間食堂

Atelier Square

中庭のある木をたっぷり使った家


中山大輔建築設計事務所の手がけたこちらの家は、中庭を囲むように部屋が配置された、木のぬくもりたっぷりの住まいです。芝生にシンボルツリーが植わった中庭は、この家のどこからでも眺められるように設えられています。リビングの向かい側には寝室があり、サッシを開放させると自然の中に身を置いているような心地よさが広がります。吹き抜けをダイナミックにとったリビングは大開口の窓に面し、さんさんと光が差し込む明るい室内に導きます。たっぷりと木の素材をあしらったインテリアで、緑との調和を楽しみながらくつろげる住まいとなりました。本住宅については「暖かな雰囲気を作るオシャレな中庭と大開口の家」で詳細をご紹介しています。

開放感にあふれる窓を持った吹き抜けのある家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!