ShareHouse ”JYU-JYU”: SWITCH&Co.が手掛けたキッチンです。

タイル×キッチンのコーディネートbest5 – インテリア性を演出するキッチン!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

最近の新築住宅やマンションでは、キッチン周りはひと昔前に見られた100角のタイルではなく、掃除や手入れのしやすさを一番においた目地のないキッチンパネルなどが使われる傾向が増えました。シンプルで施工性も良い反面、拭きあとが目立ったり、演出性に欠けるという面もあります。一方、現代では多様な色や形のタイルの取り扱いも増え、インテリアを演出する素材として人気が高まっています。目地の品質や素材感、機能性はキッチンや水回りとの相性が抜群。キッチンがポイントになる間取りが多いからこそ、タイルを使ったキッチン周りはワンランク上の雰囲気を演出することが可能です。今回ご紹介するのは、キッチンとタイルをコラボレーションさせた素敵なインテリアbest5。カウンターや周辺など、キッチン空間自体が素敵なインテリアになっているアイデアを見てみましょう!

レトロモダンなリノベーションハウス

タイルの彩りを添えて、上質な時間を楽しむ。: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。
株式会社スタイル工房

タイルの彩りを添えて、上質な時間を楽しむ。

株式会社スタイル工房

株式会社スタイル工房の手がけたこちらの家は、築17年の木造三階建ての家をリノベーションして生まれた住まいです。建築家の掲げるコンセプト「ありのままを楽しむ、あたりまえの心地よさ」に住まい手が共感したことからプロジェクトがスタート。どうせリノベーションをするなら、大胆に… という希望からキッチンには印象的なインディゴブルーの大判タイルがあしらわれました。木目と濃淡の美しいアカシアのフロアや、深いブラウンとマッチした大人の雰囲気が漂う上質なLDKに仕上がりました。本住宅については「タイルの彩りを添えて、上質な時間を楽しむ。」で他の写真をご覧いただけます。

多くの人が賑わうシェアハウス”JYU-JYU”

ShareHouse ”JYU-JYU”: SWITCH&Co.が手掛けたキッチンです。
SWITCH&Co.

ShareHouse ”JYU-JYU”

SWITCH&Co.

SWITCH&CO.の手がけたこちらの家は、広島市の中心にあるデザイナーズシェアハウスです。京橋川がほど近く、アクセスにも恵まれた環境が魅力。女性専用であり、プライベートカフェをイメージしてデザインされました。多くの人が共用で使うキッチンは、大きなテーブルがあるラウンジに配置され、アイランドスタイルの回遊空間です。収納もたっぷりと取られた広々空間に、古材やタイルをあしらった造作のカウンターによってシックでおしゃれな雰囲気に仕上がっています。広めのカウンターとオリジナルの吊戸棚、ペンダントライトのある空間はまるでバーやカフェのようにも使えます。一般住宅にはないたくさんの人がゆったりとくつろげる共用空間で快適な暮らしを送ることができそうです。本プロジェクトについては「ShareHouse ”JYU-JYU”」で他の写真をご覧いただくことができます。

アンティークの似合うナチュラルハウス

スタジオ・スペース・クラフト一級建築士事務所の手がけたこちらの家は、アンティークや骨董品の好きな住まい手のためにデザインされた住宅です。現代のライフスタイルも見据えながら、手持ちの家具や骨董品が調和する空間へ。造作部分に水屋や、飾り物ができる棚、古建具などをレイアウトし、新しい部分には無垢材や一枚板のカウンターなど素材感を重視した材料を使い、重厚な存在感のアンティーク調度品とバランスが取れるようコーディネートされています。LDKの中心にあるキッチンは白いモザイクタイルがあしらわれ、周囲の家具や調度品の存在感を邪魔せず、工業的なシステムキッチンの存在ではなく、ナチュラルで優しい彩りを加える暖かな雰囲気に仕上がっています。本住宅については「骨董品に囲まれたオリジナリティ溢れる家」で詳細をご紹介しています。

素朴な味わいを楽しむ平屋リノベーション

TAI_TAI STUDIOの手がけたこちらの家は、海に近い場所にある平屋をリノベーションした住宅です。海に近いロケーションのため、たびたび強い風にさらされることから平屋として建てられた旧住宅。長年の痛みも積もり、修繕や防水工事も必要としている状態でした。リノベーションをきっかけに、時代遅れの間取りを見直し、広々した土間玄関やテラスのあるLDKへとフロアプランを変更。外壁にあしらわれたウッドパネリングをキッチンカウンターにも意匠的に採用し、内外が調和する落ち着いた雰囲気のインテリアになりました。キッチンに併設されたカウンターはモザイクタイルで仕上げられ、木のぬくもりとレトロで素朴なエッセンスが効き、ゆったりとした時間の流れるLDKに仕上がっています。本住宅については「カントリーテイストを楽しむ平屋の家」で詳細をご紹介しています。

ナチュラルモダンなマンションインテリア

府中町の家Ⅱ: SWITCH&Co.が手掛けたキッチンです。
SWITCH&Co.

府中町の家Ⅱ

SWITCH&Co.

SWITCH&CO.の手がけたこちらの家は、マンションのリノベーションによって生まれた住宅です。ベーシックで特徴の少ない従来のマンションのインテリア。現代の暮らしに合わせた水まわりや光の取り入れ方によって広々としたLDKやシンプルながらも個性の光る空間へと生まれ変わっています。ホワイトとナチュラルな木の色がベースの空間に、ガラスやタイル、クラシカルなディテールの生きる建具がおしゃれなスパイスを加えています。キッチンは大きなペニンシュラ型を採用し、腰壁にはマットなガラスモザイクタイルがあしらわれ、カフェのような印象的な空間に仕上がっています。すっきりとしたガラスパネルは油はねなどの心配も軽減。シンプルで機能的に、空間を最大限に生かしたマンションの一室になりました。本住宅については「府中町の家Ⅱ」で他の写真をご覧いただけます。

タイルを使ったおしゃれなキッチンのコーディネートに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!