宮城のガレージハウス: 有限会社Kaデザインが手掛けた家です。

一戸建ての多くのメリット

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

一戸建てかマンションにするか、家を購入される際に大きな分岐点になるのではないでしょうか。どちらにも様々な魅力があり、決定するのが難しいところ。でもどちらにしようか悩みながら内覧していると混乱してしまいます。やはりどちらを選ぶか決めてから計画を立てるほうがよいでしょう。そこでこの記事では、一戸建てに着目し、そのメリットや魅力についてご紹介します。建売住宅、自由設計の一戸建てに共通したメリットをご紹介しますので、建売住宅を探すのか、自由設計の一戸建てのために土地を探すのかを検討してみてください。

一戸建てで得られる満足感

一戸建ての最大の魅力は、その家屋や土地が家族だけのためのものと満足感を得られることではないでしょうか。他の誰とも共有するものもなく、まさに一国一城の主という言葉の通り、所有しているという満足感は、これでしか味わえないものだと思います。とくに子供がいる場合は、引き継げる資産として(売らない限り)永続的に続いていくこととなります。マンションなどと比較して最後の決め手になるは「満足感を得られるから」ではないでしょうか。写真はARTECT DESIGN – アルテクト デザインのT House。

プライバシーを守れる

集合住宅にない大きな特徴として、プライバシーが守られるということが挙げられます。これは言い換えれば他人、他者からの干渉が少ない生活を送ることができることです。建物を共有していませんので、独立性が高く、騒音などの問題も発生しにくいといわれます。他にも自由にペットが買えたり、小さな子供がはしゃいでも心配することが少なく、自由度が高いと言えるのではないでしょうか。プライバシーの問題はとくに子供がいらっしゃる家族にとっては重要なポイントといえそうです。写真のようなモダンなリビングのアイディアはこちらを参考にしてみてください。

増改築が自由

一戸建ては個人の所有ですので、自由に増築や建て替えが可能です。それは集合住宅では不可能なことの一つです。用途が変わってきたり、極端に言えば飽きてくれば増改築をしてしまえばいいのです。隣家と離れていれば、騒音面を心配する必要はなく、建築基準法の範囲内で所有者が自由に増改築をして構いません。長期的に住むことを考えるのなら、自由にリフォームや増改築が可能であるということは大きなメリットとなるはずです。

コスト意識が異なる

一般的に、一戸建ての予算は集合住宅に比べて高くなってしまいます。しかし長期的な視野で考えると、マンションでは管理費、修繕積立金、駐車場などの費用などがかかってきますので、総合的に判断すると近しい金額になってしまうこともしばしば。しかし一戸建てであれば、そのような費用はかかりません。また仮に家屋の部分の価値がほぼ無しと判断されても、土地は自分の資産となりますし、あまり値崩れが起こりにくいと言われています。子供や家族に引き継げる資産として考えても、メリットがあると言えるでしょう。

庭など自分の敷地内のスペースを活用することができる

自分の敷地内であれば、法律の範囲内ではどのように利用しても問題はありません。大きな庭をつくってガーデニングを極めてもよし、数台止められる駐車場をつくって車の趣味を突き詰めても問題ありません。敷地内のスペースを有効に活用することは、とくに自由設計の一戸建てのメリットと言えるのではないでしょうか。先に自分のライフスタイルを想像し、それに合わせて家を作り変えることができるのは、集合住宅ではなかなか難しいことではないでしょうか。ガーデンの作り方のアイディアはこちらを参考にしてみては?

一戸建てのメリットまとめ

一戸建てに憧れる方は、多くはこのようなメリットにより魅力を感じているからではないでしょうか。家屋と土地を所有するという満足感に加え、所有物を法律の範囲内で自由にできるので、将来的な展望も描きやすいですよね。コストは高くなるというのも、駐車場やマンションの管理費などを総合的に考慮すれば、長期的にはあまり変わらないかもしれません。今まさに一戸建てかマンションかを悩んでいる方は、これらのメリットについて、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!