外観夜景: 石川淳建築設計事務所が手掛けた木造住宅です。

軸のズレが生み出す豊かな住空間が魅力的な家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

もともと異なる土地に計画された住宅プランですが、新しく見つけた場所に偶然にもぴったりと収まりました。広大な敷地や周囲が開かれた立地だと設計の基軸になるものがなく、なかなか計画を進めるのが困難です。そこで建築家の石川淳氏は建築的テーマとして正方形の箱型のボリュームをずらして重ねた住宅を提案。ずれが生み出す豊かな空間が魅力的です。

のどかな風景に映えるミニマルな外観

田園風景に囲まれた豊かな環境にある敷地にひと際目立つミニマルなデザインの住宅です。周囲には建物は建っていないのですが、道路に面しているため、程よくプライバシーに配慮しながら、恵まれた自然の風景を取り入れるため、大きな開口を設置しています。

程よくプライバシーに配慮したデザイン

正方形の箱型の形態に軸を振ったもう一つの箱型のボリュームを挿入したプランを採用。屋外テラスとなるズレの部分は、外皮に程よく覆われているため、大きな開口を設けているにもかかわらず、程よく視線は遮られ、安心感をもたらします。また道路より少し高い位置に配置されているため、夜間になると内部の光によって周囲を明るく照らす建物は、ランドマーク的な存在として浮き上がります。

抜け感のある玄関周り

玄関を入るとピクチャーウィンドウからそのまま視線が外部へと抜け、広がりを感じさせる明るいエントランスが出迎えてくれます。軸の振りによって生まれるイレギュラーな風景と住空間が豊かな生活シーンを生み出してくれます。屋根付きのテラスは経年変化の楽しめそうな味わい深いウッドフロアを採用。室内の床にも木目の美しい自然素材を使っています。

ズレが生み出す変化に富んだ豊かな内部空間

吹抜を見上げるリビングダイニング: 石川淳建築設計事務所が手掛けた和室です。
石川淳建築設計事務所

吹抜を見上げるリビングダイニング

石川淳建築設計事務所

玄関から続くリビングダイニングです。軸を振ったボリュームが変化に富んだ住空間を作り出しています。一部吹き抜けとすることで立体的な広がりに加え、2階との緩やかな繫がりが生まれる開放感溢れる住まいです。空間のアクセントとなる中央の黒いボックスには和室と主寝室などを配置。オープンな階段の延長線上には開口を設け、視線はさらに外部へと抜ける大らかなデザインが印象的です。

大きな開口で開放感を演出

大きな掃き出し窓をたっぷり設けていますが、程よく外壁と屋根に囲まれているので、安心感が感じられるLDKです。テレビを設置した壁の両脇にも床から天井までの開口を設け、開放感を強調。床から浮かせて設けた収納がアクセントになっています。

白を基調としたスタイリッシュなLDK

ダイニングとキッチンの間には造作の収納を配置。緩やかな領域が生まれると共に空間をすっきりと保ってくれる収納スペースとして機能性も発揮。キッチンも白を中心にコーディネートし、コンパクトながら使いやすいデザインを採用しています。お料理しながらも大きな開口からのどかな田園風景が望めるのが嬉しいですよね。

機能性抜群の和室

小さな畳スペースは伸縮可能な空間としてとっても便利なんです。仕切りを全開にすればリビングダイニングと一体化。空間に広がりをもたらします。また閉じれば独立した居室として客室や昼寝用のスペース、または寝室としても利用できる優れもの。縁なしのスクェアな畳がモダンな空間にもぴったりです。収納は床から浮かせて空間をすっきりと見せています。

ホールを利用した書斎コーナーと収納スペース

階段を上がると吹抜けを介して1階と繋がるホールです。吹抜けをぐるっと囲むようにカウンターを設け、書斎コーナーを確保。黒いボックスに収まった主寝室にはインナー窓を設け、空間に変化をつけています。ホールの壁にはすっきりと片付くファミリークロゼットを設置。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

吹抜けで繋がる大らかなリビングダイニング、素敵ですよね。皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!