井の頭の家 / House in Inokashira: 庄司寛建築設計事務所 / HIROSHI SHOJI  ARCHITECT&ASSOCIATESが手掛けた家です。

豊かな空間を作り出すスリット状の開口がある家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

都市型住宅の場合、その敷地環境からプライバシーの配慮が設計の重要ポイントになってきます。10枚の外壁とその隙間に設けられた開口によって、閉じながらも地域と繋がる住まいを手がけたのは庄司寛建築設計事務所。内部は想像以上に明るく開放的。上質な素材で構成される住空間が魅力的です。

10枚の壁からなるひと際目立つ外観

都内の住宅地に計画されたRCと木造の混構造からなる住宅です。敷地は3方向を道路に囲まれた角地にあるため、比較的開かれた環境にあります。同時に道行く人の視線が気になる立地でもあるため、閉じたデザインの外観を採用。高さの異なる10枚の独立した壁で構成される外観は、その隙間を埋める開口によって豊かな表情を生み出し、同時に周辺環境と柔らかに繋がる役目を果たします。

スキップフロアと様々な開口が作り出す豊かな内部空間

スキップフロアで繋がる内部空間はそれぞれのレベルで外部と繋がる開口を持ち、十分な採光を取り入れると同時に自然を感じられるのが魅力的。木目のはっきりしたウッドフロア、そして壁の仕上げにも採用した木の素材が醸し出す温かみのある住空間です。

心地良い空間を演出する天然素材

外部とはスリット上の磨りガラスの開口と緩やかにつながりつつ、プライベートな中庭に開かれた内部空間です。リビングと和室の間は障子で仕切られており、このように全開にすると一体的に使うことが可能。和室はモダンなライフスタイルにもよく馴染む縁なしの畳を採用しています。

緩やかな領域を生み出す大らかな空間構成

ダイニングに面したオープンキッチンです。造作家具と共にキッチンの収納にも質感のある木の素材を使い、統一感のあるLDKを構成。キッチンは使いやすいII型の配置を採用し、調理をしながらでも家族とのコミュニケーションの図れるプランです。また視線は様々な開口へと抜けてゆき、閉じながらも開放感が感じられますよね。

プライベートな中庭に開かれた水廻り空間

階段ホールを隔ててLDKと反対側には数段上がったところに水廻り空間があります。大きな掃き出し窓が洗面室から浴室まで続いており、周囲の視線が気にならない中庭に向って開かれたとっても明るく開放感溢れる水廻りです。こちらも木の素材で柔らかな雰囲気を作り上げています。「インナーテラスを囲む開放感溢れる家」も中庭に対して開かれた都市型住宅。是非ご覧ください。

安心感をもたらすベッドルーム

こちらは地下レベルに配置した寝室です。少し高い位置に設けた開口が中庭の風景を切取り、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。中庭は都市部など密集した地域での住宅計画に最適な外部空間。周囲に対して閉じながらも必要な採光や換気、そして広がりや抜け感をもたらしてくれるので、都市型住宅を検討中の方は、是非取り入れてみてはいかがでしょう?

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

想像以上に明るく開放感溢れる都市型の住宅、いかがでしたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!