外観: 石川淳建築設計事務所が手掛けた二世帯住宅です。

中庭と小屋が繋ぐ二世帯住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

異なる世代が一緒に暮らすことは多くの利点もありますが、気になるのはお互いの距離感。ご紹介するのは敷地の形態を生かし、空間を共有しつつ程よい距離感の生まれる二世帯住宅です。設計を担当したのは石川淳建築設計事務所。2つの三角屋根が印象的な住まい、さっそく見てみましょう。

切妻屋根が作り出す表情豊かな外観

前面道路に面して細長く伸びた敷地に計画されたのは、真っ白な外壁で囲まれたモダンな住宅。プライバシーに配慮し道路側は閉じた外観を採用していますが、それぞれの世帯を象徴する2つの三角屋根のボリュームが親しみのある雰囲気を作り出しています。道路側の外壁の真ん中辺りに共有の玄関を設けています。

2つの世帯を繋ぐ土間玄関

黒いドアを入ると中庭に沿って配置された細長い土間玄関に。この土間玄関の両端に各世帯の建物が続きます。中庭に面した連続窓からは明るい光が差し込み、プライベートな中庭の風景が飛び込んできます。子世帯と親世帯の住居に行き来する場合は、一旦靴を履きます。一緒に住みながらも程よい距離感が生まれるプラン、細長い敷地を生かすことで実現しました。

多目的に使える共有の小屋

中庭には離れのような小屋を設置。どちらの世帯からも利用可能になっており、子どもたちの遊び場、ゲストルームあるいは書斎など様々な用途に使えるとっても便利な空間です。同時にこの小屋のおかげでお互いの居住空間が視覚的にゆるく遮られ、共有空間を持つことでコミュニケーションも生まれる同時に、プライバシーを尊重しつつ一緒に住むことの楽しさを享受できるんです。「程よい距離感のある和モダンの二世帯住宅」も中庭を介して異なる世帯が繋がる素敵な住まいです。是非ご覧ください。

トップライトのあるLDK

こちらは親世帯のLDKです。コンロとシンクが絶妙な位置に置かれた特注のオープンキッチンの壁には群青色を採用し、空間を引き締めています。またキッチンとリビングの上部に設けたトップライトからは柔らかな光が室内に注ぎ込み、空間を一層心地良い雰囲気に演出。奥には2階に続く階段を配置。

傾斜天井が作り出すプライベートな空間

2階は切妻屋根の形状がそのまま現れたプライベート感溢れる寝室です。異国の雰囲気を漂わせる十字の構造材の周囲をガラス張りとし、空間に連続性と広がりを作り出しています。右手に見えるステンドグラスは建て替え前の家にあったもの。時の流れを感じさせるエレメントを継承することで、より一層新しい家にも愛着がわきそうですよね。

子ども室もスタイリッシュにデザイン

こちらは子世帯の2階に配置した子ども室です。同様に切妻屋根の形状が現れた傾斜天井が安心感をもたらす空間になっています。存在感のある梁がアクセントになったスタイリッシュな雰囲気も目を引きます。それぞれの個室と手前の机など置けるたっぷりとした廊下部分とは引き戸で仕切ることができ、全開すれば一体感のある広々とした空間として使うことも可能。

機能性とデザインが調和した水廻り空間

最後に水廻りを見てみましょう。ゆったりとした広さのある脱衣室兼洗面所には洋服収納のためのスペースを確保。ナチュラルなカラーでまとめた水廻りはガラスで仕切ることで、開放感と明るさに満ちています。動線や機能性にも配慮したお洒落な水廻り空間、是非みなさんの家づくりの参考にしてくださいね。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

プライベート感溢れる中庭と内部空間が心地良い住まい、いかがでしたか?是非みなさんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!