鎌倉中央公園の家: HAN環境・建築設計事務所が手掛けた家です。

中庭を囲む和モダンな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

様々な外部空間が作り出す開放感と変化に富んだ眺めが楽しめる住宅を紹介します。和モダンなテイストを取り入れた心地良い住空間は収納スペースも充実し、リラックス感のあるデザインも必見です。設計を手がけたのは東京に拠点を置くHAN環境・建築設計事務所。では一緒に見ていきましょう。

落ち着いた色調のモダンな外観

既存の擁壁によって道路から程よい距離感のある高台の敷地は、隣接する空地によって比較的開けた環境にあります。水平のラインがモダンなデザインとグリーンがかったグレーの外壁と木塀による和のテイストが調和する落ち着いた外観が素敵ですよね。計算された開口の形や位置によって必要な採光や換気、そして周辺環境を程よく取り入れながら街並みに馴馴染んでいます。

ゆったりとした雰囲気のあるアプローチ

木塀に囲まれ大きな敷石と丁寧に作庭された外構によって演出されたたアプローチが外の世界から内の世界へと導いてくれます。木の素材を使った格子戸や庇といった和の要素を取り入れたモダンなデザインが瀟洒な雰囲気を醸し出しています。グリーングレーの外壁ともぴったりですよね。

ピクチャーウィンドウのある玄関

格子戸の玄関ドアを入るとそのまま中庭へとピクチャーウィンドウを介して視線が抜ける明るく広がりのある玄関ホールが優しく出迎えてくれます。玄関ホールの横には和室を配置。縁なしの畳を中心にシンプルモダンなデザインでコンパクトにまとめたお洒落な和室は、客室や寝室など様々な用途に使てとっても便利。開口をたっぷり設けていますが、障子で程よく仕切ることで柔らかな光に包まれる落ち着いた空間に仕上がっています。

中庭を囲むように配置されたLDK

1階は中庭を囲むようにLDKを配置。どの場所からも大きな開口越しに緑豊かな庭の風景を楽しめる明るい内部空間です。 立ち壁で緩く仕切ったコンパクトかつ機能的なキッチンとダイニングの動線も抜群。ナチュラルな木の素材と白を基調とした温かみのあるインテリアも落ち着きます。

プライベート感のあるリビング

ダイニングキッチンから続くリビングです。大きな開口をプライベートな中庭に面して設け、軒下空間の縁側と繋がる心地良いくつろぎの空間を作り出しています。壁一面に造り付けの本棚を設置し、大事な蔵書をすっきりと収納。さらに本棚の上部と天井の間に間接照明を設け、雰囲気のある空間を演出。奥には地窓を設け、中庭とはまた違った外部環境を取り入れています。

限られたスペースを有効に使う方法

リビングから直接続く階段を上がると2階のホール部分にも壁一面に本棚を設け、中庭に面した窓際にはカウンターを。ただの階段ホールだけではもったいない空間を最大限に利用して生まれた落ち着けるスタディコーナーです。「中庭を囲む開放感溢れる家」も2階の階段ホールをスタディコーナーとしてお洒落に利用している住まいです。是非ご覧ください。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

和モダンな落ち着いた雰囲気の住まい、いかがでしたか?是非みなさんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!