南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けた木造住宅です。

温もりを感じさせる木に囲まれた家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

日本では今でも木造の住宅が主流ですが、やっぱり木の温もりが感じられる家ってほっとしますよね。杉山圭一建築設計が手がけたクールな外観のこの住宅は、内部空間に木の素材をふんだんに使った自然な雰囲気が魅力的。ちょっぴり和の雰囲気を漂わせるモダンな住まいです。

クールな印象のガルバリウム鋼板葺きの外観

南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けた木造住宅です。
杉山圭一建築設計

南庭の家 / House in Kobe

杉山圭一建築設計

周囲に戸建て住宅が建ち並ぶ街区の中で、黒いガルバリウム鋼板を縦に貼ったシャープな印象の外観がひと際目立つモダンな住宅は、前面道路よりセットバックした位置に配置した建物は異なる2つの形態が重なり合うようなデザインによって奥行きのある佇まいを見せています。玄関周りにはナチュラルな木板を貼り、クールな外観に温かみを添えています。控えめな開口によってプライバシーを確保しつつ、変化に富んだファサードが街区に豊かな表情を向けています。

南の庭に向って開かれた住まい

南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けた木造住宅です。
杉山圭一建築設計

南庭の家 / House in Kobe

杉山圭一建築設計

敷地の南側にはゆったりとした庭を配置。大きな開口を設けた建物は十分な採光を取り入れつつ、外部に向って開かれています。異なる外壁の仕上げやアクセントになる木の床スラブによってより一層表情豊かな外観を見せる控えめながら存在感のある住まいです。また1階の一部をくり抜いて程よい距離を保ちつつ庭と前面道路を繋げることで、抜け感と連続感を確保しています。

ガラスで仕切られた玄関

南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けたリビングです。
杉山圭一建築設計

南庭の家 / House in Kobe

杉山圭一建築設計

シンプルなモルタルの土間玄関と室内をガラス板で仕切ることで、広がりと連続性をもたらし、明るく開放的な内部空間を形成。上部は吹抜けとなっており、2階とも緩やかに繋がる大らかな雰囲気が魅力的です。ふんだんに木を使った建具や造作家具、そして構造材の現しによって天然素材に囲まれたさりげなく和のテイストを感じさせる心地良い空間です。

抜け感のある空間構成

南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けたリビングです。
杉山圭一建築設計

南庭の家 / House in Kobe

杉山圭一建築設計

玄関からガラス越しにLDKを見たところです。視線はそのまま奥の開口から庭へと抜け、想像以上の開放感を感じられる巧みなデザインが目を引きます。キッチンとダイニングエリアの上部の傾斜天井がダイナミックな空間を作り出すと同時に、木の素材を生かしたリビングエリアの低めの天井と共にメリハリのある空間を作り出しています。

一体感がありながらも領域が生まれるLDK

南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けたリビングです。
杉山圭一建築設計

南庭の家 / House in Kobe

杉山圭一建築設計

木目の美しい素材が構成するラスティックな内部空間は、無機質な外観と打って変わって、温かみのある雰囲気が広がります。ラフな雰囲気のウッドフロアは裸足で歩いたら気持ち良さそうですよね。掃き出し窓を介して軒下の縁側空間とフラットに繋がり、庭空間へと続きます。空間に一体感をもたらすと同時にそれぞれの領域が意識できるざっくりとしたプラン、是非取り入れてみてはいかがでしょう。「ざっくり感がたまらないローコストの家」も自然の素材をたっぷり取り入れた住まいです。ご覧下さいね。

シンプルかつ趣きのある和室

南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けた和室です。
杉山圭一建築設計

南庭の家 / House in Kobe

杉山圭一建築設計

こちらはシンプルでありながら本物を感じさせる和室です。縁なしの畳によるミニマルなデザインがコンパクトな床の間、そして障子をあしらった地窓など本格的な要素で引き立てられています。間接照明による趣きのある演出も是非参考にしたいですよね。

緩やかに繋がるタイムレスな住空間

南庭の家 / House in Kobe: 杉山圭一建築設計が手掛けた廊下 & 玄関です。
杉山圭一建築設計

南庭の家 / House in Kobe

杉山圭一建築設計

階段を上がったところはギャラリー空間となっており、ダイニングキッチンの吹抜けに続きます。手摺壁の代わりに本棚を設置し空間を最大限に利用。垂木の連続する天井が安心感を感じさせると同時に奥行きをもたらすアクセントになっています。タイムレスなデザインと経年変化を楽しめる素材で構成されるいつまでも住み続けたくなるような住まいです。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

木の素材が味わい深いモダンな住まい、いかがでしたか?是非感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!