External Apperance(Evening View): STaD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)が手掛けた家です。

経年変化を楽しめる焼杉の家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

自然素材をふんだんに使った温かみのある住まいを紹介します。クライアントのこだわりのデザインを取り入れたこの住宅の設計を手がけたのはSTAD。大きな吹抜けのあるLDKが印象的な心地良い住まいです。さっそく見てみましょう。

大らかな屋根に包まれる自然派住宅

目の前に田園風景の広がるのどかな場所にある敷地に計画されたのは、大きな屋根の傾斜がひと際目立つ住宅。外壁にはメンテナンスが楽でかつ耐久性のある焼杉を採用し、味わいのある質感と塗装では出せない色合いを持つ外観を作り出しています。ピロティに続く青い玄関建具や庭に面した木製の上げ下げ窓などクライアントのこだわりが反映されたデザインに彩られたナチュラルな雰囲気のこの住まい、軒天も経年変化の楽しめる木板仕上げ。「三角形の敷地に建つ片流れ屋根の家」も焼杉の外壁を採用した住まいです。是非ご覧ください。

ディテールにこだわったオリジナリティ溢れるデザイン

ガラスを嵌め込んだビンテージ感のあるドアを入ると連続する上げ下げ窓かの優しい光に包まれるゆったりとした玄関です。土間からホールにかけて造作による木製の下駄箱が設えられ、すっきりとした印象を演出。

吹抜けのある心地良いLDK

こちらはリビングです。天井が高く吹き抜けになった大空間は、テラスを介して庭へと広がります。2層に設けられた大きな開口からは自然光をたくさん取り込み、内外空間に一体感をもたらします。杉板張りの天井が延長して深い軒を形成し、安定感のある住まいを表現。存在感のある薪ストーブが醸し出す温かみのある雰囲気が素敵ですよね。

立体的な広がりを持つ空間構成

単調になりがちなワンルームタイプのLDKはキッチンの軸を振ることで空間に変化をもたらしています。それと合わせてダイニングテーブルも斜めに配置。タイル張りの立ち壁がアクセントになったカフェスタイルのキッチン、お洒落ですよね。オープンな階段で吹抜けと繋がる2階のギャラリーへ上がれるようになっています。温もりを感じさせる木の素材に囲まれた空間を黒のスチール製の手摺や窓枠で引き締まった印象に。LDKに隣接して引き戸で仕切ることのできる和室を設置しています。開閉によって空間がフレキシブルに変化し、様々な暮らしのシーンを生み出します。

センスの良いモダンな和室

こちらはモダンなデザインが目を引く和室です。上部に設けた小さな開口が籠もり感を強調。縁なし畳は現代のライフスタイルにもぴったりなので人気があります。シンプルな空間構成にデザインの凝ったファニチャーで味のある和の空間を引き立てています。

ゆったりとした時間の流れる明るいギャラリー空間

ギャラリーにも気持ちの良い日の光りがたっぷり差し込み、ゆったりとした時間の流れる落ち着いた空間を作り出しています。吹抜けを介して1階のLDKと繋がり、家族がお互いの気配を感じられる空間構成が魅力的。また温かみのある塗り壁やアーチ形のドアなどによって優しい雰囲気を作り出しています。細部にまでこだわりが見られるオリジナリティ溢れるセンスの良いデザインによる住まい、是非参考にしてくださいね。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀    

募集ページはこちら

木の温もりが心地良い住まい、いかがでしたか?是非皆さんの感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!