【平屋】スローライフを満喫-Rise-: 株式会社スタジオ・チッタ Studio Cittaが手掛けたベランダです。

ベランダやバルコニーなどで屋外を楽しむ家づくり

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

ベランダやバルコニーで過ごす時間って気持ちがいいものですよね。風を感じたり花の匂いが間近に感じられたりして、心が落ち着きます。このような家に隣接した屋外空間を上手に取り入れることで、家で過ごす時間もより楽しいものになるはず。ベランダやバルコニー、テラスなどを上手に活用してみませんか?今回は、自然を身近に感じられる家をいくつかご紹介していきます。いろんなアレンジ方法について考えてみましょう。

ベランダやバルコニーを活用しよう

 LDKとアウトドアリビング: 株式会社seki.designが手掛けたリビングです。
株式会社seki.design

LDKとアウトドアリビング

株式会社seki.design

ベランダやバルコニー、みなさんは上手に活用していますか?集合住宅では、洗濯物を干したり植物を育てたりする場所として使われることが多いかもしれませんが、アレンジによってはもっと幅広く利用が可能になります。こちらはそんな素敵なアイデアを取り入れたお宅。神戸の建築家・株式会社SEKI.DESIGNの手によるこちらのLDKは、アウトドアリビングという新しい発想に基づいて作られています。外部空間も日常的に利用できるようにデザインされているのだそう。

Photo: A. Fukuzawa

サンルームみたいに楽しむ

家の立地によっても、ベランダやバルコニー、テラスといった屋外空間の使い方は変わってきます。こちらは森の中に建つ一軒家。人目を気にすることなく周囲の木々や自然を楽しめるように、屋内にいながらも屋外で過ごしているかのように感じられるように透明な屋根と透明な雨戸で仕切られた空間が作られています。内外の境界の曖昧さがこの家の大きな魅力。文字通り自然に包み込まれる感覚が味わえる空間です。

中庭にウッドデッキ

住宅地や都市部では、ベランダやバルコニーがあっても人の目が気になって、日常的に過ごす場所としては使えない、というお宅も多いのではないでしょうか。プライバシーを確保しながらも自宅でアウトドアを楽しみたいと思われるのであれば、中庭を活用してみるのはいかがですか?こちらでは、中庭にウッドデッキを作ることで、他の空間から延長したテラス空間を実現しています。夕涼みや気の置けない友人たちとの集いの場としても活躍しそうですね。

自然を楽しむ空間

広々とした庭に面した家ならば、そこに面したリビングからウッドデッキで外にもリビングを延長してみませんか?こちらは平屋づくりの開放的なお宅。外観はメタルっぽい質感ですが、内装にはふんだんに木を使っていて、とても過ごしやすそうなインテリアです。リビングと同じくらいの大きさのテラスには、大人数用のダイニングテーブル。バーベキューパーティーが楽しめそうですね。テーブルにつけなくても、芝生に座り込んでもピクニック気分が味わえそう!楽しみ方が広がります。

縁側をモダンに

日本の伝統家屋では、縁側という屋内と屋外の中間のような空間が付けられていました。そこでは、近所の人と集まっておしゃべりしたり、涼みながら作業したりといろんな使われ方がしてきました。今日では、例えばこちらのように縁側のようなテラスのようなスペースを、モダンなスタイルで導入することも。屋根がしっかりと被っているため、よほどの横殴りの雨でない限り、濡れることなくこの空間を楽しめそうですね。

Photo: 萩原ヤスオ

天気に対応できるつくりを

バルコニーは、屋根や庇がついていないため、暑い日や雨の日には使いづらいデザインではあります。しかしながら、いろんなトリックを使うことでいろんな天気にも対応が可能になります。こちらのお宅では、開閉自在なシェードを取り付けています。シェードの素材によっては日よけとしてだけでなく、雨よけにもなるため、ある程度の天気にまで対応が可能に。これほど広々としたバルコニーならば、頻繁に活用したいですよね。

【バルコニーについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 回りバルコニーからサービスバルコニーまで。バルコニーの種類まとめ集

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼ 

募集ページはこちら

自然に触れるチャンスを増やしましょう!ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!