蒲郡の住宅: 諸江一紀建築設計事務所が手掛けたベランダです。

中庭とらせん状に渦巻く屋根をもつ家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

近年人気の出てきているフラットハウス。以前は平屋というと古いというイメージがありましたが、昨今ではそのメリットが見直され、注目を集めています。バリアフリーで、掃除などの家事もしやすいことはもちろん、そのコンパクトでほっと落ち着ける佇まいも魅力です。今回ご紹介する諸江一紀建築設計事務所によるこちらの住まいも木造の平屋住宅。平屋ながらも、中庭や緩やかに高さの変わる天井によって変化に富んだ空間が生まれています。では早速見て行きましょう。

写真:上田宏

​敷地条件と内部空間から生み出された形

内部空間に呼応して導き出されたというらせん状に渦巻く屋根形状が印象的な外観。南側と東側には私道があり、プライベート確保の面から中庭型の平面が採用されました。階段を上って達する玄関ポーチの公道を挟んだ斜め向かいには実家があり、駐車スペースや道を含めて一体的な空間として意識されています。また南側は小高い山となっているため採光を考慮してLDKを中庭に面した北側に配置、そして南側の屋根を低くすることで採光と眺望を確保しています。公道に面したファサードの開口は高い位置に設けられ、プライバシー確保が図られています。

​中庭を俯瞰

屋根の形状と中庭の様子が良く伝わる一枚です。植栽のある中庭に面して大きな開口が設けられ、明るく開放的な内部空間が想像されますね。この中庭を囲むように各部屋が配置される間取りとなっています。

​躙り口のような玄関

白でまとめられた壁や収納とコントラストを成すように印象的な色味が採用された床と天井が空間にメリハリをうみだしています。一番低い天井高をもつのがこの玄関部分。そこには茶室の躙り口のようにその後展開する空間に広がりを生み出す効果が意図されているそうです。

​開放的なLDK

リビングダイニングキッチンの様子です。高い天井と中庭に面した大きな開口で開放的な空間。ここでも造作家具やキッチンには白が採用され、すっきりシンプルにまとめられています。、光、風、視線を通し、家族の気配も伝える中庭の周囲は廊下やLDKを通してぐるっと回ることができます。

​ロフトから遠方の山々を望む

LDKは家族が集い、さまざまなアクティビティの発生する場として、一番高い天井が設定されています。その天井高を利用して設けられたロフトからは遠方峰山を望むことができるそうです。

​さまざまな場所性をもつ空間

ゆるやかに傾斜する屋根の勾配は敷地の勾配に沿ったもの。南側に配置された各個室は下のこども、上のこども、そして夫婦の寝室と身体の大きさに沿って少しずつ天井が上がります。高さの変化によって空間に変化が生まれ、つながっている空間内でも多様な場所性が生まれます。

空間をわけてつなげる中庭

広々とした中庭にはウッドデッキが敷かれ、窓を開放すれば中庭に面したLDKや廊下と一体的な空間に。フラットな床面でつながっているのも嬉しいですね。

中庭とらせん状に渦巻く屋根をもつ家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!