横浜の二世帯住宅 親世帯リビング: 【快適健康環境+Design】森建築設計が手掛けたリビングです。

生活を楽しむことができる2世帯住宅

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

子供が少なり高齢者が多くなる現代社会。そんな社会の姿は家の形にも表れています。高齢の親がいる家庭では、家族の面倒を見られるような2世帯住宅が建てられています。そんな2世帯住宅ですが、親と毎日会えることばかりでなく、それぞれの生活を楽しむことも重要でしょう。そこで今回は心地良い空間の中で生活を楽しみながら暮らせる2世帯住宅を紹介したいと思います。

二つの空間を組み合わせた2世帯住宅

今回紹介する家を手がけたのは、建築事務所の森建築設計。建物は横浜の住宅地に建てられました。それは木造2階建ての建物で、2棟の建物が組み合わされたものになっており、1つは平屋、もう1つは2階建てのものになっています。平屋部分には親世帯が住み、そした2階建て部分には子世帯が住みます。そのため、建物では同じ屋根の下であっても適度な関係を保ちながら生活することができるのです。

広がりを感じさせる親世帯のリビングルーム

親世帯の建物にあるのは広がりを感じさせる空間です。リビングとダイニングルームが一体となった部屋は寝室とも繋がっています。2つの空間の間にあるのはプライバシーを確保するように建てられた壁。ですが、その両側は通路として2つの部屋を繋げており、狭さを感じさせることはありません。そのため、ここでは広がりとプライベートな空間の確保を両立させているのです。

広がりと空気の流れが感じられる子世帯のリビング、ダイニング、キッチン

子世帯の建物にも同様に広がりを感じさせる空間が作られています。それを感じさせるのはリビング、ダイニング、キッチンが一体となったLDKの空間です。そこは吹き抜けとなっており天井が高くなっています。また吹き抜けは2階の書斎スペースと接しており、圧倒的な広がりを感じさせます。それだけでなく吹き抜けと書斎の窓を開ければ、建物の南と北側を貫く風の通り道が生まれます。そのため広がりでなく、空気が流れる気持ちの良い空間が生まれるのです。

子供のための空間、ロフト

子世帯の2階にあるのは書斎だけでありません。そこには吹き抜けの屋根裏部分に小さなロフトが設けられています。そんな空間に作られたのは子供部屋。もちろん、そこは決して広くはないのですが、2階部分との壁を設けないことで、空間が繋がり、閉塞感は感じさせません。そんな2階とロフトの境界部分は傾斜となっています。そこでは上り綱で傾斜を登ったり、また滑り台としても使うことができるなど、子供たちにとって格好の遊び場になっているのです。

気持ち良く過ごせる庭

もちろん、こうした空間では親と子が共有できる素晴らしい空間があります。それは家の前にある庭です。親世帯の前にあるのは緑が美しい庭。そこは自然を身近に感じる場所になり、また外の風にあたり、太陽の光にあたることができるでしょう。もちろん、そんな場所は家族が一緒に過ごすには最高の場所となります。一方、子世帯の家の前にはコンクリートの空間が広がります。そこはテントによって直射日光を遮り、日射しを気にせずに過ごすことができます。そしてバーベキューなどを楽しむことができるのです。もちろん、この場所も2つの家族が気持ち良く過ごすことができるでしょう。そして2世帯住宅であっても、親世帯、子世帯が仲良く暮らせるのです。

二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています。

懐かしさに包まれるインテリア!昭和のような二世帯住宅

二世帯住宅のメリット

程良い親子の距離感!二世帯住宅の世帯間の繋がり方6選

2世帯住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!