ベンチも収納として活用しよう | homify

ベンチも収納として活用しよう

Aya F. Aya F.
HAKO-DANCE Design*Magica リビングルーム収納 木 木目調
Loading admin actions …

収納場所を上手に確保することは、整理整頓がきちんとできた空間づくりのためにとても大切なこと。物を収めるだけのための棚も必須ですが、いくつかの用途を兼ね備えた家具を取り入れると、空間を有効に活用することができます。今回はベンチ収納をテーマとして、ベンチのいろんな可能性について探っていきます。スペースとしては小ぢんまりとしますが、ちょっとしたものを収める場所として意外に重宝するはずです!

収納スペースの拡張にベンチ?!

HAKO-DANCE Design*Magica リビングルーム収納 木 木目調
Design*Magica

HAKO-DANCE

Design*Magica

収納スペースは、いくらあっても助かるものですが、その形やサイズによってかなり用途も変わってきます。小ぢんまりしたお宅では、なるべく家具に複数の用途を持たせて省スペース化を図りたいところ。そうした場合に活躍の可能性を秘めているのが、ベンチです。昔懐かしい階段箪笥をモダンにアレンジしたこちらの家具は、京都のデザイナー・Design*Magicaの手によるもの。ちょっとした小物を収める場としても、インテリアのアクセントとしても役立ちそうですね。

空間に調和する

ベンチソファがある、高天井のリビング みゆう設計室 北欧デザインの リビング
みゆう設計室

ベンチソファがある、高天井のリビング

みゆう設計室

部屋の雰囲気に合わせて家具を選ぶのもいいですが、新築やリノベーションの場合には、必要となる家具を造作してしまうのもあり。空間と素材感が統一されるため、すっきりとした印象のインテリアが実現できます。こちらのお宅のリビングでは、壁にL字型にベンチソファが作りつけられています。奥のベンチは深く腰掛けることができ、座面下には大容量の収納が!窓際に沿って作られた収納スペースは、小さく区切られているため、いろいろと使い分けがしやすそうですね。

靴を収める?

一人暮らしのシンプルな家では、玄関もコンパクトサイズで靴を収めるスペースに困るということもあるのでは?こちらのベンチは、下に小さな棚があって、靴を何足も収めておくことができます。例えば、玄関ホールや廊下にこんな棚があると、紐靴を履く時や出かける準備をするときに持っていくものなどを置いておく場所としても活躍してくれそうですね。靴だけでなく、靴磨きセットや出かけるときに忘れたくないものなども、すっきりとまとめておけそうです。

本棚との融合

ベンチはそれほど大きな家具ではないため、物を収める場所としてもそれほど大容量は期待できないかもしれません。それでも、リビングなどの物が集まりがちな場所を、素早く片付けるのにはベンチ収納は充分役に立ってくれます。こちらのLDK空間では、壁沿いに棚が造作されており、クッションを置くことで広々としたソファとして使われています。ソファの足下の棚は、本棚として活用。リラックスタイムに読みたい本や、レシピ本などもすぐ手に取れるのがいいですね。

デザインを楽しむ

子供部屋にあると楽しそうなのがこちらの家具。グリーンのベンチに、滑車付きのボックスが二つ収まるデザインです。ちょっと腰かけて遊んだり、本を読んだりするのにもいいですし、散らかりがちな部屋をさっと片付けたいときには、下のボックスを引き出して物を放り込むだけでOK!色のヴァリエーションもいろいろあって、ポップなインテリアづくりのためにも素敵なアクセントとなるでしょう。

引き出し式

こちらも同じく、子供部屋用のベンチ収納です。二段の引き出しとなっているため、替えのブランケットやシーツのようなものから、衣類やミニタオルのような頻繁に出し入れするものまでいろいろと使い分けることができそうです。取っ手となる部分が小さなお子さんでもつかみやすいため、ある程度大きくなってきたら、お手伝いをしてもらうのにもよさそうですが、指を挟んでしまう危険も。気を付けてあげてくださいね。

【ベンチについては、こちらの記事でも紹介しています】

※収納ベンチで空間を上手に使おう

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

ちょっとした工夫で暮らしやすさもアップしそうですね。ご意見ご感想お待ちしております。

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!