The House creates open land scape: Kenji Yanagawa Architect and Associatesが手掛けた庭です。

中庭やテラスで快適に過ごせるモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、中庭やルーフテラスなどが設けられ、外部との一体感が味わえる開放的な住まいです。室内と屋外とを特に意識することなく、暮らしの中で自由に行き来できるオープンな雰囲気や、洗練されたスタイルのインテリアが、この家の大きな魅力となっています。快適な屋外空間のある住宅に憧れている方や、モダンなインテリアのヒントが欲しい方は、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは兵庫県を拠点に活動しているKENJI YANAGAWA ARCHITECT AND ASSOCIATESによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

中庭とルーフテラスのある家

閑静な住宅地にあり、落ち着きのある佇まいが印象的なこの住まい。敷地と道路にあった高低差は石積みの擁壁によって整えられているということです。敷地は生垣や石塀よってゆるやかに囲まれており、周囲の街並みにも自然と馴染む上品な雰囲気の外観となっています。住まいの建物は道路面より少し後退して位置しており、建物の前面スペースには車寄せが設けられました。敷地の内部には、中庭やルーフテラスなど快適な屋外空間がある2階建てのモダンな住空間が広がっています。

吹き抜けの明るいリビング

住まい作りの際、クライアントさんが希望したのは「快適で住みやすい家」ということでした。こちらは1階室内のリビングを中心とした様子ですが、開放的な吹き抜けの天井によってゆったりとした雰囲気で、リラックスして過ごすことが出来そうです。インテリアは白で統一され、シンプル&スタイリッシュにまとめられています。庭に面しては大きな開口部があり、窓を開け放つと外部空間と室内にゆるやかな一体感が生まれます。リビングでは快適な日当たりが楽しめるようになっていますが、強い日差しが気になる時はこのようにブラインドを使い、日照を自由にコントロールできます。その際、庭の樹木の影がアートの様にブラインドに映し出され、お洒落なインテリアになるのも素敵ですね。

和室とくつろぎの中庭

こちらは1階の和室とそれにつながる中庭スペースの様子です。和室に面してはちょっとしたデッキテラスが設置されており、縁側でくつろぐような気分で中庭を眺めながらゆっくりと過ごすことが出来ます。また、中庭は囲まれた作りとなっているので、外部からの視線を気にすることなく、静かな時間と風情のある空間を味わえます。

一体感のある外部と内部

住まいの建物は、吹き抜けのエントランスホールを介して各部屋が左右に分かれ、1階中庭や2階のルーフテラスなどの屋外空間と室内につながりが感じられる作りとなっています。こちらは2階廊下からの眺めですが、中庭に面した壁が大きなガラス開口になっていて、外部と内部空間の境目があいまいになり、一体感のある開放的な雰囲気です。奥に見えているのはデッキのルーフテラスで、天気がいい日や屋外が気持ちいい季節は、アウトドアリビングとして利用しても快適に過ごせそうですね。

中庭によってつながる住空間

こちらはルーフテラスから中庭を見下ろした様子です。住まいは中庭に向かって開口部が設けられているので、毎日の生活の中で自然と意識が中庭に向かいます。例えば家族が1階と2階など違う階や異なる部屋にいても、中庭を通して様子を伺えたり何となく気配が伝わったりするので安心感があり、精神的なつながりも感じられそうですね。また特に屋外や屋内と意識せずに生活できる雰囲気も、快適に暮らせる住まいのポイントとなっているようです。

【モダンな家を手がける建築家を探してみましょう!】

 homifyに登録されている建築家一覧  

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】   

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!

【テラスなどの屋外スペースはこちらで紹介しています】

※ テラスやベランダなど屋外スペース

中庭やテラスのあるスタイリッシュな住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!