つながりの空間が心地良さを生む!三世帯が幸せに暮らす住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

二世帯住宅など複数の世帯が集う住まいを考えたとき、どのようにつながりを持てば、お互いの家族が快適に暮らせるのでしょうか? 今回は、そんな二世帯・三世帯での暮らしを考えている方にヒントとなる住まいをご紹介します。住まいのクライアントさんは、二世帯にお母様が加わり合計三世帯で、自由さと家族としてのつながりを大切にしながら暮らしています。そんな家族みんなが幸せに暮らせる心地良い三世帯住宅を手掛けたのは、名古屋を拠点に活動するMA設計室。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

三世帯の集うモダンな住まい

住まいは、二世帯にお母様が一緒に暮らすという形を取った三世帯住宅となっています。住宅構成は、親世帯、子世帯それぞれの住まいにリビング、ダイニング、キッチン、浴室などが設けられているという作り。そしてこちらは住まいの南側の外観です。外壁の白い部分は自然素材で美しい風合いのそとん壁、黒い部分はガルバリウム鋼板仕上げとなっています。モノトーンのシックな建物をレッドウッドの木塀が優しく包むように囲っています。日当たりのいい南側にあたるためたくさんの開口が設けられ、オープンな雰囲気の外観です。

杉板で飾られたシックな出窓

エントランス: MA設計室が手掛けた家です。
MA設計室

エントランス

MA設計室

隣家が接するサイドのスペースを通路に利用し、住まいの玄関へと導かれます。そとん壁とガルバリウムの外壁の素材感のコントラストと、杉板で飾られた出窓が設けられた住まいは、デザイン性が高くとてもお洒落ですね。飛び出した建物の部分を支えているスリムな赤い柱も住まいのデザインのアクセントとなって、帰宅する人や訪ねてくる人の目を楽しませてくれます。

アート作品の様な仕切り壁

積木貼り: MA設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
MA設計室

積木貼り

MA設計室

こちらは各世帯で共有している玄関の様子です。お互いの生活の距離感を守り、自由に暮らしつつも、ここで家族としてのつながりが持てる大切な空間の一つとなっています。おしゃれな仕切り壁は、この家で使った材料を集め積木のように貼って作られました。アート作品の様な仕上がりがユニークで、見る人の目を引きますね。

カフェのようなお洒落なダイニングキッチン

ダイニング、キッチン: MA設計室が手掛けたリビングです。
MA設計室

ダイニング、キッチン

MA設計室

こちらは、子世帯のLDKです。勾配天井によって、空間を広く演出し開放感があふれています。また、天井の一部の構造材があらわし仕上げとなっており、デザインのアクセントとなってお洒落ですね。ダーク系でシックにまとめられたキッチンスペースは、ダイニングテーブルとキッチンがつながっており、カフェのカウンターのようなオープンでモダンな雰囲気。キッチン、フローリング、家具も含め、部屋全体に多彩な種類の木材が使われていますが、ナチュラルスタイルでまとめられているので統一感があります。

光が降り注ぐリビング

子世帯リビング: MA設計室が手掛けたリビングです。
MA設計室

子世帯リビング

MA設計室

こちらは、リビングのディテールです。リビングからキッチンにかけての空間は、南側に大きな窓が設けられているのですが、このようにハイサイドライトからもたくさんの光が降り注ぐので、さらに明るさがプラスされます。木の優しさで癒されながら、この明るいリビングで思う存分くつろぐことが出来そうですね。

三世帯をつなぐモダンな和室

中二階の和室(Core): MA設計室が手掛けた和室です。
MA設計室

中二階の和室(Core)

MA設計室

住まいの中二階に位置する和室の様子です。シンプルに畳が敷かれモダンにアレンジされた和の扉が特徴的なこの和室は、三世帯を結ぶ中心空間として存在し、上の扉は子世帯の住まい、下の扉は親世帯の住まいにつながっています。このように、お互いの生活を大切にしそれぞれが自由に暮らしながらも、家族としてのつながりは忘れない、そんな三世帯住宅の生活スタイルを象徴するような和室となっています。

三世帯が集う心地よい住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしてます!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!