見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

カウンタートップには天然素材?人工素材?キッチン素材のまとめ

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

キッチンのカウンタートップの素材を選ぶとき、みなさんは何に重点をおきますか?食べ物を扱う場所だから、できれば天然の素材がいいですか?それとも、いつも清潔にしておきたいので掃除のしやすいステンレス製がいいでしょうか?他にも様々な素材がありますが、大切なのはキッチン空間に合った素材を選ぶこと。では、毎日気持ちよく使えるような素材にはどんなものがあるのでしょうか?

木の素材はデリケート?

T House ―築100年の納屋をリノベーション―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けたキッチンです。
一級建築士事務所オブデザイン

T House ―築100年の納屋をリノベーション―

一級建築士事務所オブデザイン

天然素材と聞いて一番最初に思うのは“木”ではないでしょうか?木製のカウンタートップは食器にも優しく、もちろん使う人にとってもそのナチュラルな風合いは気持ちいいですね。ただ、他の素材より柔らかいのでその分傷はつきやすくなります。そしてキッチンですから耐水性の表面仕上げを施す必要も出てきます。こちらの写真のキッチンカウンターはフローリングやその他の造作部と合わせて濃い色合いの木が使われていますが、素材本来が持っている力を引き出すことでスタイリッシュに仕上がっています。

タイル貼りのカウンタートップ

カウンタートップにタイル貼りを希望されたという施主のために作られたキッチンがこちら。白いシンクとのコントラストが美しいですね。タイルというキッチン素材は熱いお鍋を置いても安心ですし洗い物の際の水はねにもストレスがありません。タイルはカラーバリエーションも豊富なので、きっと自分の好きな色にも出会えるはず。ここではタイルも目地も黒に統一していますがフローリングや他の造作部とも調和してコーディネートの抜群のセンスがうかがえます。

写真:西川公朗

ステンレス製のカウンタートップ

山本通の家 キッチンカウンター: 株式会社seki.designが手掛けたキッチンです。
株式会社seki.design

山本通の家 キッチンカウンター

株式会社seki.design

業務用の厨房でも使われるステンレス製のキッチンカウンターは熱や水にも強くキッチン素材としては頼りがいがあります。でも、金属が持つ冷たいイメージが好きではないという方もいるのではないでしょうか?そこでこちらの写真をご紹介しましょう。ステンレス製のカウンターが素敵なこちらのキッチンは株式会社SEKI.DESIGNが手掛けたものです。継ぎ目のない特注品だそうですが機能性だけでなくデザイン性も併せ持っています。これを見るとステンレスは木製の収納家具と美しく組み合わせができるということを証明していますね。天然素材にこだわる方もちょっと考えが変わるのではないでしょうか?

コンクリート製のカウンタートップ

存在感のあるコンクリートをキッチンのカウンタートップに使うとどんな感じになるでしょうか?こちらはプライム建築都市研究所が手掛けた住宅のキッチンです。個性的な外観を持つスタイリッシュな空間に、コンクリート製のキッチンカウンターとそこから延びるダイニングテーブルが見事に調和しています。さらに、壁面のダークカラーでまとめられた家具を引き立て上品な高級感も醸し出しています。火にも強いコンクリートですが意外と掃除も簡単です。コンクリートの特性を生かして形も自由に計画できますが、現場施工になるので専門業者と綿密に打ち合わせすることが必要になります。

人工大理石のカウンタートップ

外から差し込む光が気持ちよさそうなこちらのキッチンはアーキシップス古前建築設計事務所が手掛けたものです。ダイニングテーブルや収納家具は同じ木材で仕上げ、カウンタートップだけは真っ白なコーリアンで仕上げています。このコーリアンとはデュポン社製の人工大理石コーリアンのことですが、シンクも継ぎ目なしで一体化して作れるのでデザイン性の高いキッチン空間が作れます。他の天然素材の欠点をなくした素材ですので耐久性、メンテナンス性においても安心して取り入れることができます。コーリアンがキッチン素材として人気があるのもうなずけますね。

化粧板仕上げのカウンタートップ

H. Schubert GmbHが手掛けた
H. Schubert GmbH

imi-beton Küche

H. Schubert GmbH

化粧板仕上げのカウンタートップのメリットはその柄、色が豊富なことでしょう。インテリアに合わせたオリジナルのアイデアも可能にしてくれます。こちらはコンクリート柄の化粧板を使ったものですが、施工が簡単なうえコストも抑えられます。この他にも大理石風や木目風もあります。耐水性にも富んでいるキッチン素材なので、自由な発想を取り入れたキッチン空間を作りたい方にはお勧めです。

天然素材、人工素材のどちらを使っても素敵なキッチンが作れそうですね。コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!