玄関照明で押さえておきたい5つのポイント | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

玄関照明で押さえておきたい5つのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
. モダンな 壁&床 の (株)ZAG空間設計舎 モダン
Loading admin actions …

玄関照明やリビング照明、寝室照明など部屋の使い方によってそこに求められる照明も様々な点で異なってきます。玄関では靴の脱ぎ履きはもちろんのこと、身だしなみを整えたり、あるいは防犯の目的も照明に求められるでしょう。また、家に帰ってきた時に、あるいはゲストが訪問した時のために、玄関で気持ち良く迎えられるような雰囲気を演出する照明も考えていくこともあるでしょう。そこで今回は、玄関照明で押さえておきたいポイントを紹介していきたいと思います。

玄関照明による暖かな雰囲気づくり

玄関照明においてまずやっていきたいことは、暖かな雰囲気づくりだと思います。最初に述べたように、夜に家へ帰った時に暗がりから最初に迎えられるのが玄関の明かりになります。玄関に暖かな雰囲気を演出することで、住まい全体にも安心感や居心地の良さを与えることができるでしょう。間接照明や電球色を取り入れるなどして、玄関に素敵な印象を与えてみて下さい。

玄関照明の明るさ

照明の明るさは、照度という照明の光が照らす面の明るさで表され、その単位はlx(ルクス)となります。玄関照明にどれくらいの明るさが必要か悩まれる方も多いと思いますが、玄関の必要照度は75~150lxとなっています。リビングの必要照度は150~300lxなので、比較的暗めの明るさとなります。ただし、身だしなみを整える鏡が玄関にあるのであれば、別の照明を取り付けてその部分だけ500lx程度の明るさにするといいでしょう。

スポットライトによるワンポイント演出

玄関照明にシーリングライトあるいはダウンライトを取り入れて、玄関全体を照らすことが一般的ですが、そうした照明に加えてスポットライトによるワンポイントの演出もつくってみて下さい。玄関には下駄箱があるくらいで、全体照明だけではインテリアがぼんやりとしてしまいます。そこに、壁に設けた棚などの置き物などをスポットライトで照らすことで、空間にもメリハリが生まれ、おしゃれで印象的な玄関とすることができます。

センサー付きの玄関照明

外からの帰ってくると家の中はもちろん、庭も真っ暗であることから、照明のスイッチが見つからないこともでてきてしまいます。そうした時に便利なのが、センサー付きの証明です。人の動きを感知することで照明が点灯することから、暗闇の中スイッチを探す面倒もなくなりますし、両手が荷物でふさがっている時にも便利な照明となります。また、防犯効果や消し忘れ防止を期待できます。

玄関ポーチの照明

玄関の外側にあたる玄関ポーチの照明についてもこだわっていきましょう。この照明についても、玄関照明のように家全体あるいは外観といった部分の印象や防犯対策に影響します。照明の色や先程述べたセンサー付きの照明、あるいはこちらの住まいのように玄関に合った照明デザインを取り入れるなどしてみるといいでしょう。

まとめ

玄関照明によって、そのインテリアの印象はもちろんのこと、玄関廻りの使い方は大きく異なってきます。玄関は家に家族やゲストを心地良く迎い入れるために重要な場所ですので、あなたの理想とする玄関の在り方やデザインなどをしっかりと頭に描きながら照明で演出される素敵な玄関にしてみて下さい!

【素敵な玄関のある家を探してみましょう!】

※ homifyに登録されている家の玄関一覧  

【照明についてはこちらでも紹介しています】   

※ 照明計画を始める前に押さえておきたい事まとめ

【素敵な玄関を実現してくれる建築家を見つけましょう!】

※ homifyに登録されている建築家一覧

あなたはどんな照明を玄関に取り入れたいですか?コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!