シンプルで心地いいナチュラルな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
『キッチンを囲む家』, CAF垂井俊郎建築設計事務所 CAF垂井俊郎建築設計事務所 モダンデザインの ダイニング 木 ブラウン
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、シンプルでナチュラルな住空間が魅力の居心地のいい住まいです。室内のちょっとした部分にインテリアのこだわりが感じられ、さり気なくお洒落な雰囲気があることもこの家の大きな魅力となっています。木がふんだんに使われた優しい雰囲気の住宅に憧れている方は、家作りの際に何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは広島県を拠点に活動しているCAF垂井俊郎建築設計事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

シンプルでモダンな外観

ロケーションは広島の郊外。敷地は段差のある形状で、道路面より少し高くなった位置に住まいの建物があり、道路レベルにはカーポートが設けられています。また敷地の背後には林があることもあり、住宅は道路側に開いた作りとなっています。ただ、階段を上がった高い位置に生活空間があるために、道路からの人目や車の通りなどはあまり気にならずに暮らせるのが利点です。住まいの建物は、モノトーン調をベースにした色合いで、外壁にはグレーとホワイトの2色が使われシンプルでモダンな外観。窓サッシや塀にはブラックが使われていて、それによって全体の印象が少し引き締まった雰囲気になっています。また、ワンポイントでポーチ部分の梁や柱にさり気なく木のブラウンがアクセントとして効いているのもお洒落ですね。

シンプルでナチュラルな室内空間

こちらは1階のLDKです。室内空間は無垢のフローリングと白でまとめられた壁天井からなり、シンプルでナチュラルな雰囲気。中央にアイランド型のキッチンが配置され、家事の際は動きやすく使い易そうな印象です。背面には大容量の収納棚が作り付けられており、家電や調理器具、食器など物であふれてしまいがちなキッチン周りをスッキリと片付けておくことが出来そうです。

さり気ない存在感の階段

こちらは階段を中心とした眺めです。段と段の間に隙間のあるシンプルでお洒落なスケルトン階段となっていて、視線が抜けて行き、またLDKの開放感を邪魔しないようにさり気ない存在感がポイント。庭に面して設けられた大きな開口部も、そのメリットを妨げないように位置が考えられていることがうかがえます。階段の天井部分は吹き抜けていて、家族が1階と2階で違う階にいても、お互いの気配が感じやすいようになっています。リビングの壁の一部がストライプになっていて、アクセントが効いているのも素敵ですね。

2階のホールも有効活用

こちらは階段を上がった2階にあるホール部分の様子です。吹き抜けの階段に面してシンプルなカウンターテーブルが設置され、ちょっとしたワークスペースとなっています。空間を効率的に利用している他、吹き抜けを介して1階の雰囲気や気配が伝わって来て、精神的なつながりを感じながら過ごせそうです。また壁の一部は1階のリビングと同じように、ストライプ状になっているのも印象的です。

仕切りと本棚を兼用

こちらは子供部屋の仕切りにもなっている本棚です。本を入れるとある程度隙間がふさがれることになりますが、部屋の気配がなんとなく感じられたり、様子を伺えたり出来るので、ご両親も安心していられます。また、インテリアとしてインパクトがあるにもかかわらずシンプルな作りなので、お洒落な収納のヒントが欲しい方には、参考にしやすいアイデアかもしれませんね。飾り棚としてランダムに雑貨を飾ったり、フォトフレームを置いたりと、コーディネートを色々楽しむことも出来そうです。

シンプルでナチュラルな居心地のいい住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!