ピロティのある住まいの魅力とは?そのメリット・デメリットまとめ | homify

ピロティのある住まいの魅力とは?そのメリット・デメリットまとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
葉山の家 松本匡弘建築設計事務所 モダンな 家
Loading admin actions …

ピロティとは、複数階になる建物においてその一階部分の壁のない柱だけの開けた空間のことを指します。マンションなどの大きな建物ではその部分を駐車場などとして利用されているのをよく見かけると思いますが、戸建て住宅においてピロティとはどのような魅力をもたらしてくれるのでしょうか。そこで今回は、ピロティ形式戸建てのメリット・デメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

メリット1:圧迫感のないすっきりとした外観

ピロティとは、建物の1階部分が大きく抜けている部分を指します。ピロティ形式は、圧迫感のないすっきりとした外観デザインがメリットとしてまず挙げられるでしょう。建物の前に立つと住居が浮いているような軽い印象を外観から感じることができます。また、小さな屋外スペースにアプローチや門扉、駐車場などが詰め込まれるのではなく、ピロティ形式は広い屋外スペースにゆったりとそうした要素をデザインしていくことができるのできます。


▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています◀

※ 家の写真ページ

メリット2:駐車場や多目的スペースとして有効利用

ピロティとは、多目的スペースとして利用できる半屋外空間として利用できるスペースを指したりもします。ピロティ形式は、一階空間を駐車場スペースとして利用することができ、ちょうど家の2階部分がカーポートのように雨風からも愛車を守ってくれます。それだけでなく子どもの遊びスペースやガーデニング、バーベキューなど多目的に利用できる空間にもなってくれます。


【和風の家については、こちらの記事でも詳しく紹介しています】

 素敵な和風の家10選

憩いの庭として

こちらの建物は地面から4m上空に住宅部が配置された住まい。下部は半屋外のフリースペースとして、フレキシブルに活用できる空間となっている。床下部にブランコを設置して親子で遊べる空間が魅力的です。天候に左右されずに屋外で遊べるのは子供にとっても嬉しいですね。

立地の良さを存分に生かせる

水平線の家 アウトドアリビング TAPO 富岡建築計画事務所 モダンデザインの テラス タイル 白色
TAPO 富岡建築計画事務所

水平線の家 アウトドアリビング

TAPO 富岡建築計画事務所

こちらは、ピロティ形式を利用して海に向かう贅沢な立地を存分に生かした住まい。開かれたエントランスは海に向かい、エントランスホールから書斎、居住空間へと繋がります。大きなガラスの開口部からは海の景色を存分に楽しむことができ潮風を存分に感じる事ができる開放的な住まいです。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している工務店

メリット3:プライバシー性の良さ

軒下に照らし出される樹々の影 松本匡弘建築設計事務所 モダンな 家
松本匡弘建築設計事務所

軒下に照らし出される樹々の影

松本匡弘建築設計事務所

ピロティ形式の戸建て住宅は、多くが1階部分に玄関と駐車場、そしてリビングやキッチンなどは二階あるいは三階に配置されます。生活空間が一階ではなく上の階にあることで、外を歩く人との目線が室内に入りにくくなり、プライバシー性が高い住まいにできることも魅力の1つです。外から視線が入ってこないことは、窓を大きく設けたり、カーテンなどを開けたままにしておけるなどして、住まいがより明るくなることにも繋がります。

メリット4:水害に対する強さ

ピロティとは、一階に生活空間がない建物なので浸水水害時にもメリットを発揮します。建物の一階に壁がなく柱だけでなっていることで、万が一、台風や豪雨による住宅浸水時にも

建物や生活空間の被害が最小限にとどめられるでしょう。

メリット5:容積率算定に関係ない

容積率とは、敷地の面積に対する延床面積の割合のことです。分かりやすく例を出すと、敷地面積100㎡で容積率100%と定められている敷地では、1階60㎡・2階40㎡の延床面積100㎡の建物が建てられるといったものです。この容積率算定にピロティの面積が関係しないのです。似たような建物の形式にビルトインガレージがありますが、こうした室内型駐車スペースも延床面積の1/5までであれば容積率算定に入れる必要はありませんが、それを超えるような大きなガレージを設ける場合には容積率算定において不利になってしまうのです。

デメリットは?

もちろんデメリットもあります。一階部に壁がなく柱だけで支えられることから、その部分の耐震性がどうしても壁ありの場合と比べて弱くなってしまう点はデメリットです。また、多くが二階部分に生活空間を持つことから、階段の上り下りの頻度が高く、高齢者にとっては不便に感じるかもしれません。そうした点については、「年配の方のための住まいに欠かせないバリアフリーデザインのポイント」も是非参考にしてみて下さい。

【ピロティについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ ピロティは役に立つ?

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ


メリットを上手に活かした住まいづくりをしていきましょう!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) プレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!