The Lady Builderが手掛けたキッチン

キッチン素材で変化をつける!バックスプラッシュには天然素材がトレンド?

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

いつも使い慣れたキッチン。でもちょっと雰囲気を変えてみたい、と思うこと、ありますよね。プチリノベーションをするのであれば、バックスプラッシュを変えてみるのはいかがですか?バックスプラッシュとは、コンロやシンクの奥に貼ってある壁材。キッチン素材を変えてみるだけでこんなに印象が変わるの?ときっと驚かれるはず。天然素材・非天然素材とありますが、それぞれどれほど違いがあるものかまとめてみました。

セラミックタイルで明るく

FUKAYA house: AIDAHO Inc.が手掛けたキッチンです。
AIDAHO Inc.

FUKAYA house

AIDAHO Inc.

キッチンなどの水回りでよく使われるタイルですが、真っ白だとちょっと味気なかったりもしますよね。そういうときは、色付きで表面がつやっと輝くタイルを選んでみるといいかもしれません。タイルのいいところは、お掃除のしやすさ。ただ、目地の間に入り込んだ汚れは落としにくかったりということも。いろんな色のタイルを組み合わせてオリジナルの空間が作れるのはタイルならではの利点です。

Photo Koji Honda / Koji Honda Photo Studio

レンガのタイルで柔らかさを

白のタイルカウンターが爽やかなキッチン: 株式会社コリーナが手掛けたキッチンです。
株式会社コリーナ

白のタイルカウンターが爽やかなキッチン

株式会社コリーナ

素焼きレンガのタイルを使ったこちらのキッチンは、カントリー風な仕上がり。木製の棚に白いタイル、レンガの壁がとてもマッチしていますね。レンガは掃除がしやすく時々好みの色に塗り替えたりできるという利点がありますが、衝撃が加わると欠けてしまうこともあるので注意が必要です。

スプラッシュパネルでお手軽に

キッチン用の壁材として広く出回っているのがスプラッシュパネルです。使われている素材もさまざまで、アルミやステンレス、ホーローなどの天然素材や耐火性があってリーズナブルなメラミン樹脂などの非天然素材があります。樹脂製は、抗菌性やお手入れのしやすさが売りですが、シックハウスや環境問題が気になる方は天然素材を選んだほうがいいかもしれません。

黒板にしてみる?

Ferraro Habitatが手掛けたキッチン

バックスプラッシュを黒板風の壁にすると、自宅もおしゃれなカフェ風に変身!気分によっていろいろ絵を変えてみるのもよし、家族との連絡事項を書くのもよし。いろんな活用法がみつかりそうですね。ホーロー製のキッチンパネルでも、ホワイトボードのようにマーカーで書けるものもあるみたいです。

ガラスで視界もよくしよう

みまもり目線キッチン - 子育てをコンセプトにした住まい「育みの家」: ジャストの家が手掛けたキッチンです。
ジャストの家

みまもり目線キッチン – 子育てをコンセプトにした住まい「育みの家」

ジャストの家

広々としたアイランドキッチンを持つ、愛知県の建築会社ジャストの家が手がけた「育みの家」では、バックスプラッシュはガラス製。子育てをコンセプトにしたこちらのお宅では、ガラスにすることで閉塞感を減らすとともに、子供たちに目が届きやすくなっています。ガラスだとお手入れも楽でいいですね。

天然石で高級感アップ

OBRA BLANCAが手掛けたキッチン

キッチンにもちょっとした高級感を、と思われるあなた。天然石はいかがでしょう。メキシコの建築家Obra Blancaによるこちらのキッチンはバックスプラッシュだけでなく、ワークトップやテーブルまでもが御影石!さすがにここまで揃えられない、という方も、ポイント使いすると、今より格が上がること間違いなし!ですね。

木で暖かさを加えよう

環境にやさしい素材を使いたい方は、木を使ったバックスプラッシュはいかがですか?木材は天然素材の代表格。こちらのキッチンのように、棚が木製であれば色合いや質感の近い木を選ぶとマッチします。あたたかな雰囲気のキッチンに仕上げたい方にはこんな風に木の板を張り巡らすのもよいかもしれませんね。

【キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ カウンターキッチンをよりすっきりおしゃれにする6つのアイデア 

※ 対面式キッチンvs壁付きキッチン 

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

いろんな種類があって迷っちゃいますね!ご意見ご感想お待ちしてます。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!