風が吹き抜ける家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたベランダです。

屋外空間で光と風が楽しめる都市型2世帯住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、住まいの至る所に快適な屋外空間が設けられて心地良く過ごせる家です。2世帯住宅の作りとなっており、暮らしの中で光と風を感じながら、家族が程よい距離感を保ちつつも安心して生活できることが大きな魅力となっています。都市部に2世帯住宅を持つことを希望しているという方や、テラスやバルコニー設置に関してのインスピレーションが欲しいという方には、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは東京を拠点に活動している設計事務所アーキプレイスによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

屋外空間がいくつも設置された住まい

ロケーションはスカイツリーに近い都内の下町エリア。住まいは、ご夫婦とお母様の3人が暮らす鉄骨造3階建ての2世帯住宅となっています。こちらは道路側の外観ですが、横長スリット状の開口部の他、ランダムに配置された小さめの窓があり、またポーチ部分の格子の扉がアクセントとなっている他は、とてもシンプルなデザインをしています。住まいには、バルコニーやデッキテラス、コート、そして屋上スペースが設けられており、暮らしの中で気軽に屋外空間を楽しめる3階建てのモダンな都市型住宅です。

屋上テラスと大きな庇

こちらは少し離れた場所から住まいの建物を見下ろした様子です。開放感のある屋上テラスと、南側の屋根にかかる大きな庇、そしてその下にはデッキテラスやバルコニーなどの屋外空間を見ることが出来ます。比較的閉じた印象があった道路側ファサードとは対照的に、住宅はこの南側を中心に外に開かれた作りとなっていることが分かりますね。

2階のリビングとキッチン

住まいは、1階に寝室、2階に生活の中心となるLDK、3階にお母さまのお部屋を配置した構成となっています。また1階にはポーチとコート、2階にはデッキテラス、3階には鑑賞バルコニーと物干しバルコニー、そして屋上にはテラスと、それぞれの階に屋外空間を設けており、住まいのどこからでも外部とのつながりを感じながら心地良く生活できるように計画されているということです。こちらは2階のLDKの様子ですが、壁面に造り付け収納家具のあるリビングルームがあり、奥には深みのあるブラウンが印象的なモダンなキッチンスペースが設けられています。

テラスとつながるリビング

こちらはリビングからテラス方向をのぞんだ様子。リビングの延長空間のような雰囲気でデッキテラスが設けられていて、LDKにさらなる奥行きと広がりが生まれています。テラスの囲い部分は格子となっており、外部からの視線をゆるやかにシャットアウトしつつも、快適な光と風は住まいの中まで届けられます。また外の樹木が借景となり、暮らしの中で緑の眺めも楽みながら過ごせそうです。

日当たりのいいデッキテラス

こちらはリビングに面したデッキテラスの様子。南側に面しているので日当たりが抜群です。見上げると3階の物干しバルコニーが丁度目に入るようになっていて、階が違っていてもこのテラスやリビングとつながりが感じられます。屋外空間にいる時も、家族同士の交流が自然な形で生まれるような快適な住まいとなっているようですね。

屋外空間が気持ちいい2世帯住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!