崖地を生かした敷地に建つ自然に寄り添う住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、豊かな緑に囲まれた環境の中に建つ自然素材をふんだんに使ったアーティストの家です。崖地となっている敷地を生かし、自然に寄り添った美しい和の住宅となっています。手掛けたのは、名古屋を拠点に活動する後藤建築設計。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

平屋のような2階建て

敷地の高低差を生かして建つ住まいの様子です。住まいは、スキップフロアの木造2階建てとなっていますが、平屋のような心地よさもある住まいの構成となっています。住宅は敷地の形状に従ってクの字の配置になっていることで、庭も含めて各部屋に目の届きやすいということも特徴的です。和の木造建築の美しさを感じるエレガントな佇まいで、夜はこのように生活の明かりが、住まいを優しく照らします。

崖地に建つ住まい

豊かな緑に隠れるようにして建っている住まいの様子です。敷地は高低差が7mもある崖地で、その丘の上に住まいは建てられました。芸術家であるクライアントさんご夫婦は、この土地の形を変えず、生えている木々も全て残し住まいを建てることを希望していました。その結果、クライアントさんの希望した自然が作り上げた土地の特徴に寄り添った住まいとなっています。

住まいと人をつなぐ縁側

こちらは、庭とリビングをつないでいる広い縁側。木をはじめとした自然素材の優しいぬくもりを感じるくつろぎのスペースとなっていて、ご近所の方々との交流の場にもなっているそうです。リビングの窓を開け放てば外と住まいが一つにつながるので、人が家の前を通りかかったら、確かに声をかけたり立ち寄ったりしやすい雰囲気がありますね。縁側に腰掛けて、ついつい長居をしてしまう様子が目に浮かびます。人と住まいをつなぎ、交流を生む縁側は、改めて日本建築の良さを感じさせます。

手作りの土壁があるアトリエ

こちらは、アトリエの様子。正面奥に見えるのは、アーティストであるクライアントさん自らが、様々な土を取り寄せて塗り上げた土壁だそうです。住まい手自らが住まいも作りを楽しんでいる様子がうかがえますね。アトリエはキッチンから見下ろした位置にあり、キッチンからも作業をしている様子を見ることが出来ます。また、アトリエの障子を開ければ庭と外の緑が見渡せるようになっています。自然に囲まれた環境で季節の変化を目や肌で感じながら、思いっきり創作活動に励めそうですね。

外とつながる室内

こちらはリビングの様子です。木をふんだんに使うことで、室内に優しい雰囲気があふれ、心が安らぎますね。庭に面した開口を開け放てば外と中が一体となり、住まいには開放感があふれます。奥には、ダイニングキッチンがあり、そのキッチンからリビングは全ての部屋から庭までが見渡せるようになっています。家具もナチュラルスタイルで統一され、木や自然素材に囲まれて暮らすことが本当に気持ちいい、と実感させてくれる住まいです。

目の届きやすい子供部屋

こちらは子供部屋の様子。アトリエの吹き抜けとつながっており、ロフトのような雰囲気もあります。そして、キッチン、リビングからもこの子供部屋の様子が見えるようになっていて、両親の目がいつでも届きやすい位置にあるのも安心ですね。部屋全体に木の温もりがあふれ心地いい空間です。ここから両親の作品制作を眺めたり、豊かな自然を感じながら過ごせるので、子供たちの創造力もどんどん育まれていきそうです。

崖地を生かした自然に寄り添う住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!