2階のリビング、ダイニング、キッチンの一室空間: 一級建築士事務所expoが手掛けた家です。

リノベーションで生まれ変わった京都・町家の住まい!

Y.F Y.F
Loading admin actions …

歴史ある建物を自分のライフスタイルに合わせて生まれかわらせることができるリノベーション。古き良き雰囲気を残しながら、現代のデザインがミックスされた空間は、全体的にどこか気持ちが落ち着くような印象です。今回は京都の町家にフィーチャーし、リノベーションで素敵な住まいに生まれ変わった住まいをご紹介いたします。

漆喰と無垢材を使って温かい雰囲気にリノベーションした町家

こちらはリノベーションで現代風に生まれ変わった町家です。奥行きのある空間が町家特有の雰囲気を残し、壁の漆喰のテクスチャー、明るいナチュラルカラーの無垢材の床、そして天窓や中庭から柔らかに差し込む日の光が温かな印象の空間を作り出しています。

存在感のある梁を残してリノベーションした町家

彦根市中心市街地の花しょうぶ通り商店街に建つ江戸時代後期の町家を次代に継承できるようリノベーションされた住まいです。こちらは吹き抜けに面する自由な空間で、元々全て塞がれていた天井を解体し当時の構造となどの存在感のある素材を残しながら現代のデザインとミックスされました。歴史的な重みが感じられる素敵な空間です。

モダンで無機質なキッチンが設置されたクールな町家

長屋形式の京町屋改修プロジェクトとしてリノベーションされた住まいです。減築することにより過去の増築で失われた奥庭の一部を復活させ、採光と風通しが取り戻されました。梁や扉は残しながらモダンで無機質なキッチンが設置されました。まさに新旧が合わさったクールな印象の空間です。

フルリノベーションした小屋裏現しの京町家

2階のリビング、ダイニング、キッチンの一室空間: 一級建築士事務所expoが手掛けた家です。
一級建築士事務所expo

2階のリビング、ダイニング、キッチンの一室空間

一級建築士事務所expo

フルリノベーションされた築60年を超える京町家です。元々は和室だった2階にLDKが配置されました。既存の間仕切り壁は撤去され、天井は小屋裏現しとすることで明るい空間が生まれています。表通りに面した窓にも既存の建具がそのまま生かされています。白いタイルとナチュラルなウッドが温かみのある印象ですね。

外観の素材と様式にもこだわった築約100年の町家

外観の素材と様式にこだわり、伝統的な町並みの保全にも気を配りリノベーションされた築約100年の町家です。木材がふんだんに使われている中にコンクリートの無機質な素材が新鮮な印象です。回廊のような縁側は日本的で落ち着く雰囲気を創り出していますね。

新旧が合わさったリノベーションはどれも落ち着く雰囲気ですね。ぜひコメントをお寄せください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!