渋谷区の住宅: sorama me Inc.が手掛けた寝室です。

イメチェンにチャレンジ!どこに手を付ける?

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

イメチェンは、ヘアスタイルや服装だけでなく、お部屋のインテリアにおいても気分をがらっと変えてくれて、気持ちも新たになるため、ちょっとした変化が欲しいときにはぜひとも取り掛かりたいアクションです。リノベーションのように大がかりなものもありますが、ミニマルな変化で大きな効果が得られるイメチェンもあります。季節の変わり目やライフスタイルの転換点で、お部屋のイメージチェンジをすると、心持ちも同様に変化するかも?!では、どこから手を付けていけばよいでしょうか。今回は実例をいくつかご紹介していきます。

イメチェン、どう始めよう?

自分流に・・・ネコと一緒に楽しく暮らす。: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。
株式会社スタイル工房

自分流に・・・ネコと一緒に楽しく暮らす。

株式会社スタイル工房

イメチェンとひとくちに言っても、コストや規模もさまざま。こちらは、中古マンションをリノベーションした物件の一角です。白い空間に木を多用してコーディネートされています。取り入れられている木の色は、白っぽいものから濃い色合いまでさまざまですが、濃い色を抑えめにすることで、空間にメリハリをつけています。すでにウッディなインテリアの部屋に手を加えたいのであれば、例えばこちらのように濃い色の木のブラインドを取り付けてみるのはいかがでしょうか?一か所でもかなり雰囲気が変わるかもしれませんね。

一か所色を変えてみる

渋谷区の住宅: sorama me Inc.が手掛けた寝室です。
sorama me Inc.

渋谷区の住宅

sorama me Inc.

賃貸物件では、そうそう簡単に既存の構造に手を加えることは難しいですが、とはいえ、よくある真っ白な内装を寒々しく感じていらっしゃるのであれば、イメチェンに取り掛かるのもアリなのでは?こちらのお宅では、白とウッディテイストを組み合わせたナチュラルモダンスタイルのインテリアが取り入れられていますが、ドアをブルーグレイに塗ることで、ヴィヴィッドな印象の空間へと変化させています。綺麗にはがせるシールタイプの壁紙などを取り入れてイメチェンしてみるのはいかがでしょうか。

ラグで印象に変化を

Pixersが手掛けた寝室
Pixers

Let's Surf

Pixers

ベッドルームをイメチェンしたいのであれば、一番手っ取り早い方法として挙げられるのがラグに手を加えること。こちらの空間では、白を基調としつつ、壁を飾る額にターコイズっぽい色合いのものを取り入れているため、そこに呼応させるようにラグにも同系色を取り入れています。部屋の片隅に置かれたバケツも同じ色にすることで、空間に統一感が生まれて、とてもスタイリッシュな印象に。リネンで簡単に変化を付けることができるため、割と頻繁にイメチェンできそうですね。

植物を使って

Pflanzenfreude.deが手掛けたインテリアランドスケープ
Pflanzenfreude.de

Die Hyazinthe – Pflanze des Monats Dezember

Pflanzenfreude.de

インテリアのあちこちに手を加えるのは、結構コストがかかるもの。頻繁にイメージチェンジしたい人ならば、さすがに毎回そこまでお金をかけてはいられませんよね。誰にもできて、とても季節感が感じられる素敵なイメージチェンジの方法が、観葉植物を取り入れること。こちらのテーブルの上には、パステルカラーの色とりどりのヒヤシンスの鉢植えが並べられています。自然な色合いで空間に明るさをもたらしてくれて、季節ごとに変化が加えられるため、気分転換にもおすすめです。

シャビー感を出してみる?

I's HOUSE: dwarfが手掛けたキッチンです。
dwarf

I's HOUSE

dwarf

お部屋のあちこちが、作り立てのピカピカなのは気持ちがよいものですが、場合によってはちょっと綺麗すぎて居心地が悪く感じてしまう事もあるかもしれません。最近ではシャビーさを取り入れたおしゃれカフェなども増えているように、アンティークっぽいものや古材を使ったインテリアは、どこか抜け感があってホッとします。こなれた感じを取り入れたいのであれば、例えば壁にシャビーっぽさを取り入れたり、ヴィンテージ家具などを取り入れたりしてみてはいかがでしょうか。一か所違うだけでもかなり印象が変わるはずです。

照明を変えてみる?

壁に収納される三枚の引き込み障子: i think一級建築設計事務所が手掛けたリビングルームです。
i think一級建築設計事務所

壁に収納される三枚の引き込み障子

i think一級建築設計事務所

手を加えるポイントが小さくても、大きな変化が感じられるのが、照明です。インテリアに手を加えていく場合、家具や空間構造に着目することが多いですが、明かりがもたらす変化はかなり大きなもの。こちらのお宅は兵庫県の建築家・I THINK一級建築設計事務所の手がけたもの。明るい色合いで構成された空間に、ペンダントライト、ウォールライト、そしてフットライトを組み合わせています。用途に合わせて使う照明や明るさを変えると、雰囲気もぐっと変わります。落ち着きたい空間ならば、間接照明がおすすめです。

【オシャレな部屋だけでなくオシャレな家を手に入れましょう】

 homifyに登録されている建築家一覧

【イメチェンのためにレイアウトを考えてみませんか?】  

※ カウチやソファの上手なレイアウト方法

同じ空間をさまざまに変化させて楽しみたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!