和室: 有限会社角倉剛建築設計事務所が手掛けた和室です。

和室インテリアのコーディネートを学ぼう!

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

和室インテリアはどうすればおしゃれに仕上がるでしょうか?和の良さを残しながら現代の要素を加え、他の部屋の雰囲気に馴染むモダンな空間をつくるポイントを学んでみましょう。素敵にアレンジすれば、癒しの空間として活躍してくれます。今回は、和室インテリアの6つのコーディネートポイントをご紹介していきます。

和室インテリアをモダンにするには?

ヒカリとミドリの家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた和室です。

和室インテリアを上手にアレンジして、他の部屋のインテリアと雰囲気を合わせるにはどうすればよいのでしょうか?例えば、こちらは株式会社FIT建築設計事務所が手がける住まい。家族が集うLDKをできるだけ広く取り、 さらに和室や庭との連続性を確保することで開放感をつくります。ここで使用される和室の畳は、フチのない正方形の琉球畳。琉球畳を使用するとフローリングにも馴染むモダンな空間に変身します。

和室インテリアとフローリング

和室インテリアとフローリングの住まいを馴染ませるには、床面に高さを設けて小上がりにデザインしても良いでしょう。近ごろの日本住宅では、LDKなどの大きなリビングスペースの中に取り入れられるのが主流です。小上がりは、空間の中に高低差が出るため奥行きが生まれ、また段差を有効活用して上手なゾーニングとしても活躍します。

建具で生まれるシンプルな美しさを

和室インテリアは、何も飾らず美しさを感じるスペースが理想的です。モダンでおしゃれなスペースとして仕上げるには、配置する建具のデザインにこだわってみましょう。例えば、こちらの有限会社角倉剛建築設計事務所が手がけるスペースは、壁は珪藻土、天井はガマを貼りナチュラルな印象に。天井の照明は避け柔らかい間接照明を配置しています。襖は張り紙を現在風のシンプルなデザインにし、アクセントとして空間を際立たせています。

和洋折衷な雰囲気に

和室に椅子やソファなどの家具を配置することで、家族がが集まりやすくなります。小さいお子さんからご年配の方までゆったりとくつろげる空間を作ってみましょう。こちらのように、できるだけ背の低い椅子やソファがおススメです。また、畳と木のぬくもりを活かす同素材や同系色のナチュラルなものを選びましょう。

こちらでは併せて「ワンポイントチェンジで現代的な和室インテリア」を紹介しています。

障子のデザイン

例えば、障子のデザインを変えることで空間の雰囲気が変わります。こちらは、都市に住まう大家族の家。静かな日本的な空間があることで都心の中でもホッと一息つけます。障子は直線的でモダンなデザインが選べれ、フローリングとのバランスが上手にとられています。例えば、畳の空間では、障子をブラインドに変えるとモダンな印象になります。和室の良さを損なわずにモダンな印象にに変えることのできる障子やブラインドのデザインを選びましょう。

照明デザインは?

和の良さを残しながら現代的な住まいの要素を取り入れるには、照明器具のデザインにもこだわりましょう。こちらは凛とした和空間に馴染む天井埋め込みライトで直線的な空間をすっきりと見せる照明が選ばれています。その他にも、例えば、ナチュラルな印象に仕上がる和紙を使ったぼんぼり風ライトや、ダークブラウンの大正レトロな家具にあわせた照明デザインなど好みのインテリアにあわせてライティングを選んでみましょう。

クレジット: ラウムアソシエイツ一級建築士事務所

モダンなアレンジで和の空間を楽しみましょう。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!