今週のベスト5アイデアブック (2月21日)

今週のベスト5アイデアブック (2月21日)

今週のベスト5アイデアブック (2月21日)

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、どのタイプの野外ファイヤーピットを選ぶ?

ファイヤーピットをご存知ですか?Fire Pitといって、焚き火やバーベキューを楽しむもので、欧米では人気のあるものの一つです。剪定した庭の木の小枝を燃やして処分したり、焚き火をしながらの家族団欒や、夏場は友人たちとバーベキューも楽しめる、この便利なファイヤーピット。今回は、野外で使うファイヤーピットの種類をご紹介します

2位、施工費わずか3000円!ニワトリ小屋を和モダンに改装したアトリエ

昔使われていた建物が、現在は使命を全うして使われなくなってしまうとどのような道を辿るのでしょうか。多くはゴミ置き場、物置、あるいはそのまま風化を待つ立場として時を重ねていくばかりかもしれません。しかしその活路を見出されたとき、数十年の時を経て新たな目的や息を吹き返すこともあるでしょう。今回ご紹介するのは、すでにゴミ置き場と化していた旧ニワトリ小屋をリフォームして生まれ変わったアトリエです。高原正伸建築設計事務所 一級建築士事務所がもとある素材を生かしながら大工工事に励み、たった3,000円の工事費でまるでもとの姿を感じさせない味わいのあるアトリエを自ら手を加え完成させました。

3位、和風モダン住宅に加わった北欧の優雅さ

近年、世界各地の住宅スタイルが日本でも積極的に取り入れられ、その生活スタイルを楽しむことも珍しくありません。日本の住宅も良い要素を取り入れながら日々進化していくものですよね。日本の和を基調にした前衛的な住宅のスタイルにはどんなものがあるのでしょう。例えば、北欧の持つ重厚感と暖かさ、広さを合わせた和モダンな住宅など。そこで今回ご紹介するのは、シンプルで上品な雰囲気を持つ和モダンの住まい。澤村昌彦建築設計事務所が手掛けたこちらの住まいは、どこなく北欧のテイストを感じることのできる和風モダンの家です。和の持つ時間の流れを変えてしまいそうな「美」と雪深い北欧の暖かな住まいを連想させるような「温もり」を兼ねたバランスのいい和風モダン住宅です。

3位、総工費1810万円、ローコストでも素敵な住まい

建築家に家づくりをお願いすると高くつく、そんなイメージを持っている方も少なくないでしょう。今回ご紹介する若山建築設計事務所が手掛けたこちらの住まいは総工費を約1800万円に抑えた経済的な住宅。コストを抑えながらも、内装に木を多用するなど、こだわりが詰まったモダンな住まいとなりました。では詳しく見て行きましょう。

5位、暮らしで和を感じる!和モダンスタイルの作り方

最近では生活が現代的になるにつれて、そこから和を感じさせるものが減ってきました。多くの家にあった和室は今ではどの家にあるわけではありません。ですが日本人である以上、和を感じさせるものに安らぎを感じる人も少なくないでしょう。そこで今回紹介したいのは、現代的な家であっても和を感じられる「和モダン」スタイルの住まいのアイデアです。和モダンスタイルを作って、落ち着ける家を作ってみましょう。

FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!