土間と縦庭の家: TRANSTYLE architectsが手掛けたリビングです。

シンプルでモダンな作りの快適な住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、シンプルで内部に開いた作りが特徴のお洒落でモダンな住宅です。随所に開口部を工夫して設置しており、外部のことを気にせずにのんびりと暮らせるような快適な住空間が見事に実現しています。シンプルでも住宅地の中で自分らしく住むためのアイデアが欲しいという方には、何か参考になる情報が見つかるかもしれません。このプロジェクトは静岡県を拠点に活動しているTRANSTYLE ARCHITECTSによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

撮影:スタジオメロス 濱 善治

シンプルな外観

キューブ型のシンプルなフォルムの建物に、縦長の大きな開口部によって内部が少し垣間見られるデザインが印象的な住まいの外観。シンボルツリーがその開口から顔をのぞかせており、内部には中庭空間があることが分かります。敷地の両サイドには他の建物が隣接していることもあり、家作りの際はプライバシーを配慮しながら快適な居住スペースを取る方法や開口の設置に工夫が必要だったことを感じさせます。

眺めを楽しむエントランスホール

こちらは玄関ホールの様子です。中庭に面して大きな開口部が設けられており、玄関のドアを開けた瞬間に緑の風景が目に飛び込んできて、その眺めに心が癒されます。また中庭と一体感のある作りによって視覚的な奥行きが広がり、十分な自然光も入るので、明るくゆったりとしたエントランス空間となっていますね。シンプルでモダンなデザインの階段は、段と段の間に隙間のあるスケルトン階段となっており、軽やかさを感じさせてくれます。

シンプルでナチュラルなLDK

こちらは2階のLDKの様子です。木がふんだんに使われたシンプルでナチュラルなインテリアでまとめられており、心地よさに包まれている室内空間。リビングとダイニングキッチンの間には階段室があり、住まいの縦の空間をゆるやかにつなげています。天井の建材が露出しており、空間にリズム感とアクセントをプラスしているのもポイントです。

2階を見渡せるキッチン

こちらはキッチンからダイニングやリビングをのぞんだ様子です。キッチンの床は土間となっているのがポイント。また階段室との間仕切りは透明ガラスで見通しが良くなっており、壁の圧迫感や空間の窮屈さを感じずに視覚的な奥行きが生まれています。オープン型の広々としたキッチンからは、2階空間全体が見渡せるようになり、食事の支度など料理をしながらリビングやバルコニーにいる家族の様子も伺えて、安心して過ごすことが出来ます。

開放感と日当たりを楽しむバルコニー

こちらはバルコニーの様子です。吹き抜けの中庭からシンボルツリーが顔をのぞかせており、屋外の1階と2階空間をつなぎながら住まいの象徴としてご家族の生活を優しく見守ってくれているかのようです。このバルコニーは、壁があることによって外部からの視線を遮り、またコンパクトな空間であるにもかかわらずスペースの取り方や開口部を工夫して設置しているので、プライベートで開放的な雰囲気が思う存分味わえます。快適な日当たりを楽しんだり、空を見上げることが出来たりなど、のんびりとした時間を過ごせそうですね。

シンプルでナチュラルな住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!